小さい子供を持つ親でも気軽に温泉に行けるのはやっぱり客室露天風呂

オススメ旅行

スポンサーリンク

あなたは客室露天風呂に泊まったことはありますか?

僕の中では一度泊まってしまうと、普通の所には泊まれなくなるくらいの良さがあると思っています。

客室露天風呂とは?

大浴場の他に自分が泊まるお部屋の中にも、備え付けのお風呂がある客室のことです。
ここで取り上げているのは主に、開放感のある露天風呂が付いた客室のご紹介です。

家族風呂と違って、お部屋から出ることなくプライベート性が高いのが特徴です。

なぜ一度客室露天風呂に泊まるとやめられなくなるのか?

客室露天風呂を利用する一番のメリットは風呂に入りに行くのに、わざわざ移動しなくても良い!というところではないでしょうか?

特にこの「移動しなくても良いという」メリットを享受できるのは

小さなお子さん連れの方。

脱衣場で走り回る子供にヒヤヒヤした経験はどなたでもあることと思います。

早く着替えないと風邪を引くかもしれない。
部屋に戻るまで結構歩かなくてはならない。

しかし、客室露天風呂であれば、家族みんなで入れて誰に気兼ねすることなく子供もはしゃげることでしょう。

しかも、その後も自分の部屋に直結しているので部屋で全てを済ませることができる。

これ以上のメリットはお子さん連れにはないのではないでしょうか。

 

他にも、足腰の悪い方

お年寄りに限らず大浴場までの移動距離はどこでも長いもの。

階段を登ったり降りたり、せっかく風呂に入ろうと思っても仕度をしないと行きにくい(女性の方はメイクなどもしないとならない)ケースは多いと思われます。

そんな仕度の手間も省けるのはとても楽ですね。

思い立った時にすぐお風呂に入れる

 

こんな幸せなことはないですよね。

 

続いて、メリットばかりでは信憑性に欠けるのでデメリットも挙げておきましょう。

客室露天風呂で一番気になる所は、ズバリお値段ですよね?

いいのは分かる。でも、値段が高いとおいそれとは泊まれない…。こんなお悩みは誰もが持っていますよね。

そんな中で僕が泊まった(泊まれた)北海道のオススメ客室露天風呂をご紹介します!

比較的リーズナブルに泊まれるので、北海道に来た際には是非とも泊まっていただきたいと思います。

№1は

紅葉音(ニセコ)

DSC_0298

1440143535903

DSC_0301

温泉もさることながら食事も非常に楽しめました。

泉質は硫黄泉なので香りが気になる人は避けた方が無難かもしれませんが逆に身体の中に浸透している実感があるのでそれも楽しみの一つとするのが正解かも?

その他にクレイパックができるように湯船の下に
クレイがたくさん沈殿しています。

顔や身体に塗り込むとお肌がスベスベになります。
カップルなんかはお互い泥だらけにしたり、

お子さん連れはスキンシップに使うとバスタイムを
さらに楽しく過ごせること請け合いです。

 

お食事はご覧の通り「舟盛り」で出てきます。

ほたてはプリプリで
ウニは殻付きです。

岩内産のものを(地元から近い)使っているので鮮度バツグンですよー。

 

夜は星空が綺麗です。

 

お部屋は和洋室もあるので、ベッドからの転落が心配、

という方は和室を選ぶといいかもしれません。

№2

観月苑(帯広)

DSC_0389

モール温泉という北海道でも珍しい温泉です。

ここの客室露天はやや部屋が狭めですが、その分お値段がリーズナブルで利用できます。

お部屋のタイプは和室です。

ただ一つ注意点があります!

それは…

この旅館は川べりに建っているのですが、昼間に客室露天風呂に入る時は川べりを歩いている人から見えるかもしれないという位置関係でした。昼間は特に日帰り入浴客がいるので出入りが多いので気になったのかもしれません。
(もちろん湯船に入ってしまえば見えませんが、出入りの時は要注意でした)

食事形態はバイキングですが結構満足できます。

 

温泉ってお気に入りの所ができるとそこばっかり行きませんか?

普段中々頻繁には行けないのでとっておきの時に行く場所として外せないですよね。

それぞれ、タイトルをクリックすると詳細のページに飛びます。

道中について

ニセコは結構な田舎です(笑)

近くに立ち寄れる場所が少ないのが唯一の難点でしょうか。

僕が行ったときは「道の駅とうや湖」で野菜を買ったり、
昼食をとったりしましたが、それ以外には何もなかった印象ですね。

しかし、裏を返せば人気のない場所でゆっくりしたい人には最適と言えるでしょう。

 

一方、帯広はばんえい競馬(馬そり)がシーズンによってはやっていたり、食事処も豚丼やお寿司に加え、最近では牛の料理もご当地で開発したりと沢山あるのでオススメです。

こちらは、宿を変えて楽しむのもいいかもしれませんね。

 

ご旅行のご参考にどうぞ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました