海外旅行保険は本当に必要?クレジット付帯と任意保険の加入について

お役立ち情報

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!海外旅行に行くのに保険は必須加入の
道民ユウトです。

海外では国内旅行と違って、医療費がとんでもなく高いというのは噂で
聞いたことがある程度かと思います。

国内でも無保険で医療行為を受けると、目が飛び出るくらいの高額な請求をされます。

海外では「あなたの保険は救急車を呼んでもいいものか?」と聞かれるなんて
噂があるくらい医療関連行為を受けた場合には高額請求される恐れがあるので、
無保険は自殺行為です。

万が一にも怪我をして治療を受けていながら「払えません」は通らないので、
絶対に海外旅行保険は必要なので加入していくことをオススメします。

海外旅行保険とは?

アクシデントに見舞われることなく、無事に帰国することがベストだが、
外国では想定外のことが起こりがち。旅行中に病気やケガをしたときの医療費や
盗難に遭った際の補償などをしてくれるのが海外旅行保険。
金銭的な補償だけでなく、トラブル処理や現地での日本語サポートなどの
サービスも受けられるので心強い。
出典:地球の歩き方

スポンサーリンク

海外旅行保険の種類

主な補償項目は以下の通り。

海外旅行保険では旅の間に想定されるアクシデントについて、
下記のとおりさまざまな補償が用意されている。

こうした補償があらかじめパッケージになった「セットプラン」のほか、
自分の旅先と予算に合わせて必要な補償項目を選択できる「ばら掛け」も
ネット申込みなどでは可能。

疾病治療費用:病気になった場合、病院での治療費が補償される。
傷害治療費用:ケガをした場合、病院での治療費が補償される。
疾病死亡・後遺障害:病気が原因で死亡、または後遺障害が残った場合、
保険金が支払われる。
傷害死亡・後遺障害:ケガが原因で死亡、または後遺障害が残った場合、
保険金が支払われる。
賠償責任:誤って人にケガをさせたり、物品に損害を与えた場合、保険金が支払われる。
救援者費用:旅行中にケガや病気で入院した場合、
日本から親族などが現地に向かう際の交通費と現地での滞在費が補償される。
携行品損害:身の回りのものが盗難に遭ったり、破損などの損害を受けたりした場合
に損害額が補償される。
入院一時金:ケガや病気で2日以上入院した場合、一時金が支払われる。
航空機寄託手荷物遅延費用:航空機に預けた手荷物の到着が遅れ、
身の回り品等を購入した場合、その費用が補償される。
航空機遅延費用:航空機が遅延・欠航し、代替機を利用できない場合の宿泊費、
食事代等の費用が補償される。
出典:地球の歩き方

病気や怪我の場合に対してだけ払われるものではなく、上記のように
救援や物品の破損、ロストバゲッジと言われる到着した空港で預けた荷物が受け取れない
ケースや、飛行機が遅延や欠航した場合まで支払いは多岐に亘ります。

保険の加入方法と種類

大きく分けて2種類あります。

  • クレジットカードについている保険
  • 任意保険

スポンサーリンク

クレジットカードについている保険

最近では、一般カードでも海外旅行保険が自動付帯(ふたい。付いているという意味)
しているクレジットカードが数多くあります。自分が所有しているカードに保険が
セットされているか、補償内容はどうなっているのかなどを加入しているカード会社の
公式サイトでチェックしてみましょう。

しかし、付帯している保険の内容では補償が十分でないことが多いので、不足と思われる部分をフリープランの保険(次項、任意保険)で補うなどして、
カード付帯保険を補足しましょう。
付帯保険には「利用付帯」と「自動付帯」がある

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は「利用付帯」と「自動付帯」に
分類されています。

「利用付帯」とは、クレジットカードを使った場合のみ、海外旅行保険が有効になる
というもので、適用条件はカード会社によって規定が異なるので利用規約を
しっかりチェックしておきましょう(旅行代金をカードで払うなど)

もう一つの「自動付帯」とは、支払いの有無に関わらず、クレジットカード会員であれば
自動的に海外旅行保険が有効になる
というもの。
自分が所持しているクレジットカードに海外旅行保険がセットされている場合、
「利用付帯」か「自動付帯」かを絶対に確認しておきましょう。

クレジットカード付帯保険のチェック事項

クレジットカード付帯保険で特にチェックしたいポイントは以下。

1)死亡・後遺症の補償に比べて治療費補償が適切か?
ケガをした場合、入院や手術を伴う治療では不十分だったり、病気による死亡には補償が
ないケースが多い。

2)賠償責任の補償額は十分か?
通常カードでは2000〜3000万円程度(若者対象のカードはさらに少額)なので注意。
ハイグレードカード(ダイナースカードなど)の場合は問題ありません。

基本的にはクレジットカード付帯のものでは不足していることが圧倒的に多いので、
任意保険に加入しておくのが安全です。
しかしながら、クレジットカードの海外旅行保険は複数のカードを持っていると、
治療費用の補償額を合算できるという話もあるので詳しくはこちらの記事
確認してみてください。
とは言っても、海外旅行保険のために複数枚を保持するのはいただけませんね(笑)

任意保険

各種保険会社が提供している海外旅行保険に加入する方法です。
一番スタンダードな保険加入方法ですね。

通常の医療保険や死亡保険のように加入に制限がなくネットで簡単に加入できて、
約款などもすぐ自宅に配送されてくるので非常に手軽に加入することができます。

海外旅行するなら海外旅行保険は必須です

国内と違って、重大なトラブル(医療行為や万が一の事)があった場合、
めちゃくちゃお金がかかります

「まだ若いから病気にはならない」
「トラブルなんてそんな簡単に起こらない」

なんて安易に考えていると…
思わぬ目に遭わないとも限りません。

実際に僕もちょっと前までは海外旅行保険には入っていなかったんですが、
最近の情勢(テロなど)の影響もあり、必ず加入するようにしています。

プチ情報ですが、海外で(マリンスポーツなどで)ケガをして病院に罹った場合、
国内と比べても圧倒的に医療費がかかります。

スポンサーリンク

実際の支払例

2008年AIU(保険会社)調べ(盲腸手術施行を過程)

地域 都市名 費用 入院日数
北米
  • サンフランシスコ
  • ニューヨーク
  • バンクーバー
  • 2,500,000
  • 2,160,000
  • 1,500,000
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
欧州
  • ジュネーブ
  • ロンドン
  • パリ
  • ローマ
  • マドリッド
  • 2,970,000
  • 1,512,000
  • 1,134,000
  • 1,100,000
  • 972,000
  • 入院3泊4日
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
  • 入院3泊4日
アジア
  • 香港
  • 上海
  • ソウル
  • バンコク
  • 北京
  • 900,000
  • 680,000
  • 630,000
  • 400,000
  • 200,000
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
オセアニア
  • シドニー
  • クライストチャーチ
  • 864,000
  • 864,000
  • 入院2泊3日
  • 入院2泊3日
ハワイ
  • ホノルル
  • 1,950,000
  • 入院2泊3日
ミクロネシア
  • グアム
  • 864,000
  • 入院2泊3日

※総費用は、外国人が私立病院の個室を利用し手術も複雑でない場合を想定。
また総費用は手術費の他、看護費用、技術料などおよび平均入院日数の病室代などを含む。
1US$=108円で換算し、千円単位に四捨五入。
出典:海外旅行保険のAIU

↓↓海外旅行保険はこちらからがお安く加入できますよ↓↓

海外旅行保険のAIU

または、こちらも手続きが簡単で旅行先と目的に合わせてパッケージされた中から
チョイスできるのでオススメです。

新・海外旅行保険【off!(オフ)】

まとめ

国内旅行においてはそもそも通常で入っている任意保険でカバーできるので
別途加入することすらありませんので気にすることはないのですが、
こと海外であれば万が一重傷な怪我を負ってしまった場合どうしようもないので
絶対に入っておきましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました