洞爺湖に泊まるなら乃の風リゾートの展望風呂付客室がオススメ!

オススメ北海道旅行

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも客室露天風呂大好き!!道民ユウトです。

今回は洞爺湖(とうやこ)にあるザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾートの展望風呂付客室に泊まってきました。
洞爺湖ならではの期間ロングラン花火大会もやっており、
部屋から眺められるのと、船に乗って花火も見られる二つの方法があってとってもオススメです。

温泉に花火なんて贅沢ができるのは北海道広しと言えども洞爺湖をおいて他にはありません

僕は常々客室露天風呂をオススメしているのですが、今回の展望風呂付客室は最高でした!
道民はもちろん、道外の人でも是非体験して欲しいと思ったのでご紹介させて下さい!

こんな人にオススメ・読んで欲しい
  • 客室(展望)露天風呂に泊まりたい人
  • たまには贅沢な気分を味わいたい人
  • 記念日にふさわしい宿泊先を選ぼうと思っている人
  • 自分へのご褒美に
  • 洞爺湖の花火大会を特等席で見たい人

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

アクセス

地図はこちら。

洞爺湖はぐるーっと湖の周りにホテルが立ち並んでいます。
どこを選んでも花火は見られますが、どうせなら立地の良いところから見たいですよね。
洞爺湖に沿ってぐるっとホテルが立ち並んでいますが、やはりレベルの高いホテルの方が花火の打ち上げが見やすい傾向にあります(笑)

その点今回ご紹介している乃の風リゾートは安心して見られるのでご安心くださいね。

車の場合

洞爺湖のアクセスに一番便利なのはやはり自家用車またはレンタカーですね。
なぜなら、北海道は大きさに反比例して公共交通機関が未発達なため、車でないとアクセスが悪い所が多いのです。

詳しくはこちらの記事を参照下さい。

新千歳空港から
道央自動車千歳I.C〜虻田洞爺湖I.C 109.1km
高速道路で1時間20分、2,950円

札幌方面から
国道230号札幌〜定山渓〜中山峠〜洞爺湖温泉
一般道で2時間30分または高速道路で1時間45分  (料金3,500円)

苫小牧・室蘭から
道央自動車道苫小牧東I.C〜虻田洞爺湖I.C 97.2km
国道36号苫小牧〜室蘭、国道37号室蘭〜伊達、国道453伊達〜洞爺湖温泉
一般道で苫小牧から2時間10分、または高速道路で1時間20分(料金2,250円)

函館から
国道5号函館〜長万部、国道37号長万部〜豊浦、国道230号豊浦〜洞爺湖温泉 約3時間20分
国道5号函館〜長万部、道央自動車道長万部I.C〜虻田洞爺湖I.C 約60km
一般道で3時間30分または高速道路で2時間50分(料金2,650円)

駐車料金:無料(約60台駐車可能)
出典:乃の風リゾート

時間がかかるのであまりオススメはしませんが一応車以外の交通手段についても載せておきますね。

乃の風リゾートに泊まることだけを目的にしていればいいかもしれませんが、
移動だけで大変になり観光する時間がなくなってしまう可能性が高いです。

JRの場合

最寄駅 JR洞爺駅 (0142-76-2525)
洞爺駅からは道南バスまたはタクシーをご利用下さい。

新千歳空港から
室蘭本線 新千歳空港〜南千歳、南千歳〜洞爺(特急利用) 約1時間30分
(4820円)

室蘭から
室蘭本線 東室蘭〜洞爺(特急利用) 約30分(苫小牧から3400円)

函館方面から
室蘭本線・函館本線 函館〜洞爺(特急利用) 約1時間30分(5340円)

特急利用料金、札幌からは5760円
出典:乃の風リゾート

バス

道南バス:洞爺営業所 TEL : 0142-75-2351

札幌から:JR札幌駅〜洞爺湖温泉 約2時間45分

室蘭から:室蘭港〜伊達〜JR洞爺駅 約2時間12分、 JR洞爺駅〜洞爺湖温泉 約20分

洞爺駅から:JR洞爺駅〜洞爺湖温泉 約20分

※洞爺駅から洞爺湖温泉までのタクシーの利用の場合は約20分(2000円前後)
※道南バスを利用の場合は、終点洞爺湖温泉バスターミナル(または、東町行だとターミナル次の停留所「桜町または、中央通り」にて下車。徒歩5分程度)

送迎バス

当館の送迎バスはJR札幌発着と新千歳空港発着で運行しております。
JR札幌駅からは無料、新千歳空港からは片道1000円でございます。
バスは予約制でございます。

満席になり次第受付を終了いたしますので、お早めのご予約をお願いしています。
1グループ9名様以上のご利用はお断りをさせていただいております。
→シャトルバスのご予約はこちら

インターネットでのシャトルバス申し込みは3日前までで可能御座います。
それ以外の方は、各ホテルに直接お電話にておとい合わせくださいませ
宿泊予約の変更や取り直しをされた場合、バスのご予約も再度必要となります。
※下記は2019年9月30日までの時刻表です。
出典:乃の風リゾート

乃の風リゾートの展望露天風呂付客室に泊まろうと思った理由

道民なら誰でも知っている洞爺湖ですが、洞爺湖自体の温泉には来たことは何度もあります。

しかしながら、展望露天風呂付客室の宿に泊まろうと思ったのは、仕事を長年頑張ったという自分へのご褒美ということで予約。

しかも、今回は日頃常に両親にお世話になっていることから、お礼の意味も込めて両親を招待しての旅行でした。

両親も洞爺湖には何度も訪れてはいますが、僕と同じように展望露天風呂付客室には
泊まったことはなかったので、その意味でも良い旅になりました。

また、洞爺湖を選んだのはロングラン花火大会が開催されており、部屋から眺められる(良いホテルほど真近で見られるという特徴)もあったから。
部屋(風呂)から花火を眺めるなんてのは冒頭でも書きましたが、洞爺湖しかありません。

記念に残る形で日頃の感謝を示せればということで、ちょっと奮発したのです。
結果としてとっても良い旅行になったのは言うまでもありません(笑)

予約するまでに考えたこと、やったこと

今回は記念日という事でちょっと贅沢したかったんですよね。
なので、展望露天風呂付のお部屋にしました。
食事にはあまりこだわりがなったので通常のもの。

車で行くのは確定していたため(車以外の手段はぶっちゃけなし。理由としては冒頭でも書いていますが遠回りで時間と費用がかかりすぎる)
特にこれと言って用意したものはありません。

特定の期間(お盆時期や連休時)であれば、高速道路を使うのならドラぷら(連続する最大3日間高速道路乗り放題というプランがあります。高速道路の料金が安く利用できるのでオススメですよ。詳しくはこちら

後は部屋用にアルコールを常備(笑)
人によってはお菓子やおつまみを持って行くようですが、基本的に夜の料理でお腹いっぱいになるので持って行きませんでした(太るし(笑))

おまけに家族で酔っぱらいながらババ抜きや七並べをするのが楽しいので、
ちょっとしたゲームを持って行きました。

スポンサーリンク

予約したサイトと乃の風リゾートの展望露天風呂付客室に決めた理由

僕は旅行を予約するなら楽天トラベルほぼ一択です。
海外ならJTBも視野に入りますが、国内ではもっぱら楽天トラベルがオススメ。

予約しやすいことに加え、僕は楽天カードを普段使いしているのでポイントがザクザク貯まる&使えるので旅行や買い物に使って一石二鳥です。

客室露天風呂は部屋付きの露天風呂(屋外)展望露天風呂付客室は同じく部屋付きですが半屋外(屋根付き)という分類でお話を進めていきます。
部屋から出ずにすぐに、何度も温泉に好きな時に浸かれるなんて最高です!!
ちょっとお値段は張りますが、一度経験するともう止められません。
客室(展望)露天風呂付客室をオススメする理由についてはこちらの記事を参考に
してみてくださいね。

実際に泊まった時の様子について

今回泊まったお宿はこちら ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート
【乃の風倶楽部】の絶景の展望風呂付客室でした。

【乃の風倶楽部】(ののかぜくらぶ)は乃の風リゾートのプランの一つ。
一般の部屋の場合とは一味違ったランクです。詳細は後に書いています。

エントランス~お部屋

まずはエントランスから。質の高い雰囲気が伺えます。

【乃の風倶楽部】の特典

一般の宿泊客さんとは一風違った対応を受けることができるのがすごく感動的!
今まで体験した中でも最高の待遇と感じられるおもてなしがオススメの理由でした。
高級な所に泊まると今回のようなおもてなしを受けられるのですね。

僕の心を掴んで離さないおもてなしの詳しい内容は以下の項目。

  1. お出迎えが豪勢
  2. 専用チェックインカウンター
  3. 専用コーヒーカウンター

VIP待遇1.お出迎えが豪勢

乃の風リゾートを利用したのは初だったのですが、車に乗った状態からホテルの前からお出迎えされ、荷物をカートに乗せてくれます。

そして、そのまま車を預けポーターさんが車を駐車場へと運んでくれます。
(これは僕は初めての体験だったので緊張しちゃいました(笑))

そして、そのままお部屋まで一直線にご案内され、専用チェックインカウンターでチェックインとなります。

VIP待遇2.専用チェックインカウンター

展望風呂付客室を予約した場合専用のチェックインカウンターがあります。
館内の説明を受けながら、荷物を乗せてそのままお部屋のある階まで連れて行ってくれます。

こちらが専用のチェックカウンターです。
基本的には1組の場合はそのままお部屋でチェックインとなりますが、今回は2組でのチェックインだったので、こちらに通されたようです。

お忍びの宿泊でも人目を気にしないで良さそうですね(笑)

高級感のある書斎を思わせる雰囲気です。
奥にあるデスクでは専用コンシェルジュが対応をしているようです。

ウェルカムドリンクまで出てきます。
そして、サービスとして翌日の新聞も4紙の中から選ぶことができドアノブにかけておいてくれます。

展望風呂付客室利用者のみ利用できる場所も。図書室と呼ばれるこちらには雑誌が。
どれも高貴な感じの本で通常僕は手に取らない内容のものでした(笑)

VIP待遇3.専用コーヒーカウンター

ドリンクバーのようにコーヒーを淹れられるマシンも常備されていました。
9月の時期にはアイスコーヒーは出せなかったのですが…表示はありました。

お部屋に専用のミルもあってコーヒーが淹れられます。

豆の状態で置いてあるので、ゆっくりとミルでコーヒー豆を挽き美味しいコーヒーを楽しめます。

お部屋の内観

こちらが玄関入ってすぐです。

玄関側から洞爺湖を見るとこんな感じ。
クッションの形が珍しい感じで何とも言えずフィットするのが心地よかったです。

こちらは寝室。リビング?にもテレビがついていますが、寝室の方にもテレビ付きです。

こちらが洞爺湖を一望できる湖側です。
この日は羊蹄山(ようていざん。北海道の富士山と呼ばれている)に雲がかかっておらず、とってもきれいに見えました。

お部屋にはプラズマクラスター 加湿空気清浄機 がありました。
これのおかげで乾燥も気にならずに過ごせました。

脱衣所と浴室(展望露天風呂)について

そして、いよいよこちらが展望風呂の洗面台兼、脱衣所です。広々としていて非常にゆったりできます。

温泉には温度計があり、自分の好みで水温を調節できます。
アメニティーも色々ありました。

写真に撮るのは忘れてしまいましたが、専用のシャンプー・リンスやドライヤー、
カミソリ、ヘアゴムなどが常備されています。

自分専用のお気に入りのものがなくても十分な感じがありますが、気になるのであれば自分の普段使っているものを用意していきましょう。

覗き見防止のために、お湯に浸かりながら洞爺湖を見ることはできませんが…
庶民憧れ?のバスローブもあるので、何度でも入れちゃいます。

風呂で立つとこのように洞爺湖を見ることができます。

動画はこちらから

乃の風リゾート

泉質について

泉 質

ナトリウム・カルシウム – 塩化物温泉

効 能

美肌・切り傷・やけど

源泉温度

47.6℃

pH

5.66

お湯の肌触りは柔らかく、サラサラした感じでした。湯上りは肌がしっとりしていて、身体のポカポカが持続していました。お湯の温度もさほど熱くなくぬるめが好きな僕にはちょうど良く感じられましたね。

館内着は浴衣ではなく作務衣

館内着は浴衣と作務衣(さむえ。部屋着のこと。)から選ぶことができます。
浴衣だと帯でしか締められないので寝ている時や過ごしている時にはだけてしまうのが
難点ですが、作務衣は頭から被ったりズボンのように履く服なので、着衣の乱れは気にならなくなります。

足袋もついていてお部屋に用意されているサンダル(売店で購入可)でも出歩けます。
お部屋はオートロックなので、カギを携帯するのを忘れずに。

その他には、氷は有料なので注意が必要です。
部屋にもペットボトルの水は入っていますが、水道を捻って出てくる水は羊蹄山の湧き水なので、安心して飲むことができます。

スポンサーリンク

洞爺湖温泉の魅力

洞爺湖温泉では毎年4月後半〜10月後半まで連日ロングラン花火大会を開催していて、
どの部屋からでも、湖に打ち上がるキレイな花火を見ることができるのが魅力です。

https://twitter.com/Tanabachan/status/1179369529048260626

部屋からとは別に洞爺湖遊覧船 に乗って見ることもできます。
洞爺湖遊覧船の料金は(花火を見られるもの)一般料金 1,600円 (小学生) 800円です。
(上記リンクをクリックすると楽天トラベルのページに飛びます)

ちなみに、遊覧船のみの利用はこちらから検索することができます。
↓↓クリックして詳細を確認する↓↓

詳細は下記にまとめてあるので参考までに。

食事について

部屋食もありますが、僕が選択したのはバイキングでした。
盛りが綺麗ではないので微妙ですが、こんな感じにしてみましたよ。

こちらの写真は夜の食事です。

外国人もいましたが、お刺身が食べられていて量が少なかったように感じましたね。
小皿が多く、ちょっとづつ色々な料理を楽しむことができます。
手前のは海老味噌ラーメンです。

味についてはアラカルト(右上)は趣向が凝らされていて美味しかったです。
お刺身は新鮮で身がぷりぷりしていて弾力に富んでいます。

アヒージョもにんにくの香りが効いていて食欲をそそられます。

マーボー豆腐はスパイスが利いていて本格的です。
花椒(ホワジャオ)の香りがたまらなく食欲を刺激していましたよ。

海老味噌ラーメンは…正直微妙でした(笑)
麺はお決まりの冷凍のものでスープもあんまりコクがなかったようにも感じられました。
他のものは美味しかったので、この時だけ味がおかしかったのかな?
というような感じを受けました。

海老味噌ラーメン以外はプランの格式にふさわしい内容のお味でしたね。

続いてこちらは朝のメニューです。

ご飯の他にも写真にあるようにおにぎりも用意されています。具は鮭と鰹節です。

お米も炊く際に使っている水がいいのか美味しく仕上がっていきます。

右にあるスープはたまごスープです。
朝いただくのにちょうど良い塩分で胃に優しく染み渡るのが憎い演出でした。

左側のオムレツはその場で焼いてくれたものです。
ふわふわしていて食感がとっても良かったです。

奥の2層になっている飲み物はリンゴを生絞りして作ったフレッシュジュースです。
沈殿していますが、味はしっかりあるので飲みやすかったです。

売店など

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾートには併設する売店SELECT108という
コンセプトショップがあります。

「北海道でしか買えない」「洞爺湖でしか買えない」をコンセプトにしたお土産店です。

奥にはケーキ屋さんもあります。

厳選されたワイン。
ネットでも購入できるようですよ。

日本酒などが揃っています。

乃の風リゾート展望風呂付客室に泊まってみての感想

道民ユウトの個人的な評価を載せておきます。あなたの参考になれば嬉しいです。

オススメ度:5.0
ロケーション(位置):2.0
食事:3.0
ロケーション(景観):5.0
雰囲気:5.0
お風呂(展望露天風呂):5.0
お部屋:5.0
全体的な満足度:5.0

全体を通して感じたことをメリットデメリットに分けてご紹介してみようと思います。

乃の風リゾート展望風呂付客室のメリット

良かった点としては

  • 展望風呂付客室であること
  • ロケーション
  • おもてなし

を僕は感じました。

展望風呂付客室は屋外にある露天風呂と違って外気に当たらず、外の天気に左右されないので天気や温度の影響を受けにくいのが良かったと思います。

北海道の冬の時期でも快適に入れるのでいいですね。
夏の時期は虫が入ってくるので、窓は開けない方が良いかもしれません。

客室露天風呂は屋外にあるので、雨はもちろん虫などの影響をモロに受けてしまいます。しかし、屋内にある展望風呂付客室は外の天気を気にせずにいつでも入れるのが
良い所

とにかく、食事の時以外は部屋から出なくていいので最高です。

風呂に長い距離歩いて行かなくてもいいので気が向いたときに何回でも入れちゃいます。
バスローブもあるので、汗が引いたらまた入れるのも良かったですね。

次に、ロケーションですが、お風呂に入りながら打ち上がる花火を見ることができたのが
とってもいい思い出になりました。

正直外に出て見るには寒いし(遊覧船に乗るならなおさら)めんどくさいです(笑)
北海道の富士山と称される羊蹄山を眺めながら温泉に浸かれるのはとってもオツです。

最後に一番感銘を受けたのは「チェックインまでの一連のおもてなし」です。
特別感を味わえるし、別室でチェックインなので待たされることなくスムーズにチェックインでき、ウエルカムドリンクまでいただけるのは至福。

乃の風リゾート展望風呂付客室のデメリット

特段デメリットと思えるような所はなかったのですが、敢えて言うなら以下の2点。

  • 食事
  • ロケーション

食事はバイキングを選択しましたが、予算に余裕があるのなら部屋食の方がもっと贅沢な雰囲気を味わえたかもしれません。

メリットの部分でもロケーションについては書きましたが、
こちらのロケーションはまさに【場所】、つまり立地条件です。

冒頭で地図も載せましたが、こちらも周りにな~んにもありません(笑)
温泉のみを求めて来るというのが基本となります。洞爺湖周辺で他の観光地を探すというよりは洞爺湖周辺も含めて探す方がいいですね。

また、車で来るにしても高速道路オンリーで来るとなると高速道路は少し遠回りになってしまう場合もあるので、事前にナビやマップで下調べをしておくのがいいかと思います。

スポンサーリンク

周辺観光・アクティビティー情報

こちらは別記事にまとめたのでそちらをご覧ください。

まとめ

洞爺湖には何回も泊まっているのですが、今回展望風呂付客室に泊まってみて改めてその魅力に圧倒されました。

部屋から花火を見られるだけじゃなく、展望風呂では露天風呂のように寒い外気に晒されずに一定の温度の中客室風呂に入れることがポイントです。

晴れた羊蹄山も眺めることができるうえに、
やっぱり部屋から一歩も出ずに温泉に浸かれるなんて珠玉の一時でした。
是非北海道旅行の際には乃の風リゾートを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました