アレルケアは効果がない?人によって体感が違う理由について

お役立ち情報

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!花粉症歴4年ッッッ!!道民ユウトです。

カルピスのサプリメント【アレルケア】を購入したけど、自分が思っていたような効果が出ない、それどころか…といった体験をしたことがある人も多いようです。

 

本当に効果がないの?または副作用はないの?
そして、効果が出ている人との違いは何?というお悩みについてメーカーの見解も
交えて書いたので是非読んでみてくださいね。

前回はこんな記事を書きましたが、今回はもう少し違う視点で見てみようと思います。

アレルケアのメーカーの見解について

メーカーが言っているのは以下の二つ。

  • 効果が出るL-92乳酸菌を配合している
  • アレルケアの体感が違う理由は個人差が出る

ということでした。

まず、検索で多かったのが【副作用がないか】です。
それと同じくらい【効果がない(出ない)】ということでした。

見解1.効果が出るL-92乳酸菌を配合している

アレルケアの主力の成分がこのL-92乳酸菌です。
数ある乳酸菌の中から選抜したのがこのL-92乳酸菌との事。

元々この乳酸菌は身体の中に棲んでいるそうです。
不足分を補ってあげれば本来の作用を発揮してくれるでしょう。

見解2.アレルケアの体感が違う理由は個人差が出る

サプリメントでは「飲んだのに効果がない論争」がよく言われています。

この原因が主に体質によるものと今までになかったものが体内に入ったことによる
反応が出たという二つに原因が分かれるのではないかと。

あとは【好転反応】と言われるものと、
単純に【効果が出るまで時間がかかる】というもの。

好転反応

副作用のような反応が出るものの、徐々に反応が治まって快方に向かって行くもの
のことを言います。

副作用というのは段々と悪化して行くもの。または痛み止めを使うと痛み止め作用の他に胃を痛めるなどの本来の作用と違う悪い反応が出るもののこと。

東洋医学の方では一般的な考え方になっていますが、全体を見て調整していくために一時的な悪化や時間はかかるけれども徐々に快方に向かっていくというイメージですね。

効果が出るまで時間がかかる

ちなみに、アレルケアって【サプリメント】いわゆる「健康食品」です。
薬ではないので劇的な作用を期待していると【効かないじゃんか!!】ってなりますよね。

人は栄養が足りていない部分から補っていく性質があります。
なので、自分が思っていない部分で効果が出ている可能性もあります。

実際にあった例ですが、とあるサプリメントを飲んでいたら風邪を引きにくくなっていたようですが、飲んでいる本人は疲れを防止する目的で飲用していたので他人に指摘されるまで効果に気づかなかったなんてことも多々あります。

身体のサイクルに影響を及ぼすのはターンオーバーとして大体3ヶ月くらいの期間が必要です。現代人は栄養素が基本的に足りていないので約半年くらいの期間様子を見る必要があるとも言われています。

サプリメントが敬遠される原因として一番に挙げられるのがこの効果を実感するまでの【期間の長さ】なんですよね。身体を変えるには相応の時間が必要なのでゆっくり見ていく必要があります。

また、アレルケアが効果的である理由については別途こちらの記事にまとめているので、
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

結論

アレルケアは効果的であるということです。

ただし、体質によって好転反応(便秘化や軟便化)や効果が出るまでに期間を要することが考えられるということです。

基本的には【食品】ということで【薬ではない】ので合う合わないがないというのがポイントです。

もちろん、飲んでみてある程度の期間が経ったのにも関わらず違和感や便の状態が変わらないということであれば医療機関の受診も考えなければならないですね。

まとめ

アレルケアの副作用や効かないといった意見の原因について書いてきました。

【好転反応】と呼ばれるちょっと症状が出る反応や【効かない】といった
体感が実際にあるようですが、体調や体質によって時間がかかる場合があるので、
サプリメントは食品ということを踏まえた上でお試しくださいね。

以上のことを踏まえた上でアレルケアを飲んでみたいということであればこちらからお求めいただけます。
ボトルで持ち運びしたいというのであればこちらがオススメ

小袋でシェアしたいという場合はこちらがオススメです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました