アレルケアの特長となぜ効果的なのかを3つのポイントにまとめました

お役立ち情報

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!花粉症歴4年目の道民ユウトです

この記事ではカルピスのアレルケアの特長となぜ効果的なのかについて内容と実体験を織り交ぜて3つのポイントに分けてお伝えしていきます。

アレルケアならではの乳酸菌の強みについても紹介していきますので、
アレルギー反応や花粉症などで悩んでいる場合には是非ご一読しておくことをオススメします。

アレルケアの特徴について

アレルケアが効果的である要因として主に3つの特長を備えています。
それは

  • L-92乳酸菌を配合している
  • L-92乳酸菌が手軽に摂れる
  • アレルゲンフリー製品

ということですね。では、一つづつ説明していきますね。

特長1.L-92乳酸菌を配合している

「L-92乳酸菌」(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)は、乳酸菌飲料「カルピス」の研究を起源とする、長きにわたる乳酸菌研究の中で発見されました。
「L-92乳酸菌」は、カラダの中からバランスを整える働きが期待できるとされ、その特別なチカラを配合して開発された画期的なサプリメントが「アレルケア」です。
出典:カルピス公式サイト

発酵を起こしてできる数多くの菌株(乳酸菌)の中から、効果的な10種類を厳選。
さらに、身体のバランスを整える働きが期待できるものを抜粋したとのこと。

人の腸内に死なずに到達する乳酸菌だから体感が出やすいという事ですね。

特長2.L-92乳酸菌が手軽に摂れる

「L-92乳酸菌」は、一般的な乳製品からは摂ることができない貴重な乳酸菌です。
「アレルケア」なら、1日2粒(目安量)にこの「L-92乳酸菌」がたっぷりと含まれ、
手軽に豊富な量を摂ることができます。
出典:カルピス公式サイト

そして、この「L-92乳酸菌」は体内では生成されません。
だから外から補給するしかないんですね。

同じ発酵食品でも納豆などにはL-92乳酸菌は含まれていません。
同じ摂るなら飲むだけで効果的なL-92乳酸菌が手軽に摂れるサプリメントの方が楽チンですよね。

特長3.アレルゲンフリー製品

「アレルケア」はアレルギー物質(27品目)※を含まないアレルゲンフリー製品です。

※アレルギー物質(27品目)とは食品表示法で定められた特定原材料等27品目(乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、カシューナッツ、ごま)のことです。ここで言うアレルゲンフリー製品とは、上記27品目を含まない製品を指します。
出典:カルピス公式サイト

昨今自分がどのアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)を持っているかなんて調べないと分かりません。
特に自分では好きだと思って食べていたものでも知らないうちに、身体を蝕んでいる可能性すら
あります。

アレルギーを抑えるために飲んでいるサプリメントなのに、却って身体にアレルゲンを取りこんでいるなんて悲しすぎですよね。

アレルケアはアレルゲンフリーなので知らないうちにアレルギー物質を取り込んでいるという心配はありません(しかしながらサプリメントは食品なので合うか合わないかは個人差があるので、
体調などに変化があった場合は飲むのを中止してくださいね)

なぜ乳酸菌がアレルギーに効果的なのか?

理由は主に2つあります。

  • 乳酸菌がアレルギー物質を体外へ排出してくれる働きがあるため
  • 腸内環境が改善するため
乳酸菌がアレルギー物質を体外へ排出してくれる働きがあるため

発酵する際に生まれる乳酸菌の膜がアレルギーの原因のひとつである「ヒスタミン」を包み込み
体外へ排出してくれる働きがあると言われています。

この働きによりアレルギーだけではなく、病原菌(例えば風邪)が体内に入り込むことを防止してくれることにより、感染を予防してくれるということにもつながります。

腸内環境が改善するため

こちらは次の項でも説明していますが、乳酸菌が生きて腸まで届くことによって腸内が活性化し、
腸内環境の改善が見込まれることにより、免疫機能が向上すると言った働きが期待できますね。

活きた乳酸菌がエサとなり、善玉菌が活性化することにより便通などが改善することで老廃物の
排出がスムーズになることも要因の一つです。

スポンサーリンク

アレルケアを飲んでの体験

さてさて、次はいよいよ実際に飲んでみてどうだったか?について言及していきますね。
分かりやすいようにメリット・デメリットで書いていこうと思います。

ちなみに他の記事でも書いていることがあるので、詳しく知りたいと思ったらこちらの記事も合わせてどうぞ。

飲んでみて良かったこと5つについて

まず最初に飲んでみて良かったと思ったことについてですが、箇条書きにしていきますね。

  • 薬ではないので安心して飲める
  • 意外と効き目?(個人的な感想です)が早い
  • 小さくて飲みやすい
  • スポットで飲めること
  • 風邪を引きにくくなる
良かったことその1.薬ではないので安心して飲める

僕は薬が嫌いなんです(笑)
風邪薬なんてほぼほぼ飲みませんし、インフルのワクチンの類も打ちません。
どうしてか?というとこのような本を読んだからなんですが、

基本的に薬は【油】でできており、作用があるということは大なり小なり【副作用】があるということ。ちなみに抗アレルギー薬の副作用についてはこちらを見てみてください。
抗ヒスタミン薬

ざっと挙げただけでも眠気・消化器症状・痙攣誘発という症状があります(個人差が大きいのでご自分の体質に合った薬を使用してください)

少なくても上記のような薬の副作用の影響を受けずに済むことが良いと個人的に思います。

良かったことその2.意外と効き目が早い

あくまでサプリメントなので、体質が変わるまで時間がかかるのかと思っていたら
飲んでから30分~くらいで鼻水が出なくなってきました

1日2錠とのことなので朝に飲んだり、仕事場で鼻がムズムズしてきたら飲むという形で服用していました。

外に出るのと昼間に多く花粉が舞うということなので夜には服用していません。

そして、僕は花粉症ではありますがまだまだ軽度な方かもしれません。
基本的には鼻水が出たりくしゃみが出たり程度で目がかゆくなったり、涙が止まらなくなるほどではありません。

症状が軽微であることもアレルケアが効果的だったという結果につながったのかもしれませんね。

良かったことその3.小さくて飲みやすい

実際の粒の大きさは以下の通り。


小さなピルケースに必要分入れて持ち運ぶのもいいですし、瓶ごとバッグに入れても持ち運びに特に問題はありません。

そして、飲む場合には水などで飲んでもいいですし、なめ溶かしたりかみ砕いて服用してもOKです。喉つまりや味がまずいとかもありませんでした。

スポンサーリンク

良かったことその4.効いて欲しい時に合わせて飲める

薬やサプリメントで心配なのがあなたも思ったかもしれませんが【飲み続けないといけないの?】という部分ですよね。

ご存知の通り花粉症は季節性のアレルギー(反応)食物アレルギーとは違って季節が変われば、
症状が治まる場合がほとんどです。

一時の辛い状況を一時的に回避できればOKという感じで考えていることが多いでしょう。
もちろん僕も同じ考えです。

つまり、花粉症の辛い時期だけ飲んで、後のシーズンは飲まなくてもOK
ということでもあります。もちろん、気に入って飲むのであればそれはそれでOKです。

基本的にサプリメントや漢方(東洋医学)の類は飲み続けて体質を徐々に変えていくということが基本になっています。
良かったことその5.風邪を引きにくくなる

これも個人的な感想ですが、アレルケアを飲むようになってから風邪を引きにくくなったような
感じがしました。

免疫のほとんどは腸内細菌のバランスによって決まると言われているそうで、
詳しくはこちらをご参照。

腸内環境が整ったおかげで免疫機能が高まり、ウィルスに対しての抵抗力が高まったのかもしれません。

人体の免疫の8割は腸内環境で決まると言われています。
そのため、腸内環境を適正に保つという事がウィルスなどへの抵抗を強めてくれることにつながっています。

飲んでみて悪かったこと2つについて

副作用を感じたことについては便秘傾向とうんちが黒くなったということでした。
詳しい内容はこちらに書いてあるので、ご参照くださいね。

まとめ

アレルケアの特長と効果的な理由についてまとめてきました。

何と言ってもアレルケアのポイントは独自の【L-92乳酸菌】が効果的であるという事が
一番ですね。

アレルギー反応が強くなって身体がかゆいとか、鼻水が出て思考力が低下するなどの症状は
とっても辛いですよね。

薬で抑えることもできますが、薬の副作用で頭が働かないなどの弊害もあなたも経験している事と思います。

しかし、なるべく薬は使いたくないという気持ちとっても良く分かります。
薬に頼らないアレルケアで手軽にアレルギー対策始めませんか?

お試しで使ってみたい場合はこちらからどうぞ。
↓↓こちらをクリック↓↓

子供用はこちらからどうぞ
↓↓こちらをクリック↓↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました