車が臭い!?車内の空気を快適にする方法

お役立ち情報

スポンサーリンク

どうも!道民ユウトです。

車は移動する個室、もしくはもう一つの部屋だという位置付けの人も多いことかと思います。

僕らの時代はヤン車からVIPカー、シャコタンなど実に個性の多い車が見て取れたんですが、今やエコカー一択の悲しい現実が大勢です。

それはともかく、新車も高くなり中々手を出せるような感じではなくなってきました。中古車を購入する人も多くいる中、買った車がの臭いが気になるなんてこともあるのではないかと思います。

そこで、今回は車内の臭いを消臭する方法についてご紹介していきたいと思います。

気になる車の臭いとは?

代表的なものとしては

  • タバコ臭
  • エアコンのカビ臭

ですよね。

古い車になればなるほど、こびり付いた臭いは取れにくくなります。
主な消臭方法はこまめに空気を入れ替えることと、消臭グッズを投入することです。

消臭グッズの内訳としてはやはり、

  • 臭いの元から消臭するタイプと
  • 臭い(芳香剤)で上書きするか

に分けられます。

スポンサーリンク

 

臭いの元から消臭

車屋さんに頼んで消臭してもらうのが一番手間ががからない方法ではありますが、結構な費用がかかります。

そこで、僕が実際に使っているアイテムをご紹介します。
始めて使ったんですが、意外と言ったらおかしいですが効き目が合ったような気がします。
継続して使っていけばかなりの消臭効果が見込めるのではないかと思っています。

ちなみにこちらは浸透タイプ。

これは放置タイプなので、仕事に行く前に設置しておけば仕事が終わるくらいにバッチリ完了しているのがスグレモノ。

夜に車を停める時に仕込んでおいても翌日には完了しています。
ちゃんと消臭成分がスモークで出ていたかが確認できるシール付きです。

こちらはエンジンをかけてエアコンを回しておかなければならない循環型タイプです。
車をそのまま放置しておくものではないので近くで見守っている必要があります。

これの長所は比較的短時間で終わるのですが、エンジンをかけたまま放置しなければならないのでちょっとめんどくさいですね。

ちなみにハイエンドモデルはこちら。普通のヤツでも効果があったのでこちらには期待大です。

浸透タイプ

 

循環型

 

もちろん、置き型のものも忘れていけませんね。

 

車の内装を拭くシート

これが意外としっかり吹くことで汚れを除去できるんですよね。
窓ガラスやダッシュボードなどを拭きます。

 

臭い(芳香剤)で上書き

こちらの方法はひとえにめんどくさがり屋さんが好んで取る手法ですね(笑)

テレビコマーシャルでもやってますが、臭い香りの上書きにキツい香りのものを投入するするとどうなるか…

臭い同士がミックスされ、えもいわれぬ香りができあがる大惨事になりうる可能性を秘めています。

できれば、無臭のものがオススメですがあまり頓着がなければこういったものも試してみるといいでしょう。

 
これは昔よく使っていたシリーズです。
懐かしいなぁ。

まとめ

愛車の外装はピッカピカでも、中の香りがダメだと気分は萎えますよね。

香りは人の脳に大きな影響を与えるファクターなので、思い出と共に残ります。
これから愛車で色んな思い出を作って行くのに快適な空間になるように試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました