雲海テラスの”ついで”でミナミナビーチ。認識はこの程度でOK。トマムで後悔しないための事前知識

オススメ旅行

スポンサーリンク

どうも!道民ユウトです。

トマムと言えば、雲海テラスが最も有名ですよね?
でもね、雲海テラスだけじゃないんですねー。

雲海テラスの記事はこちら

関連記事、雲海テラスの盲点についてはこちら

今回紹介するのは、悪天候でも常夏のプールを味わえる【ミナミナビーチ】というプール施設です。

雲海テラスで雲海が見られるかどうかは【運次第】ですが、こちらのプールにはハズレがない!というのがミソですね。

スッゲー早い時間からわざわざ寒い思いをして、ゴンドラが動くことを期待して待っていても結局強風や悪天候で雲海を見られなかった…なんて経験あなたにはありませんか?

2~3泊で遊びに来ているのならまだしも、1泊2日、ましてや日帰りで遊びに来ていてお目当てがおじゃんになった時のことを想像してみてください。
もう、目も当てられません(笑)

旅行をより楽しむために、第2のプランを持っておけばガッカリせずに済む可能性が高まります。と、いうことでミナミナビーチのご紹介です。

ミナミナビーチとは?

季節や天候を気にせずご利用いただける水の楽園「ミナミナビーチ」。
カフェやバー、露天風呂「木林の湯」が一体となった開放的な空間です。
水着に着替えなくても愉しめるプログラムも充実。ライトアップされた幻想的な夜のビーチもおすすめです。

宿泊する場合、「基本的には」ミナミナビーチの入場料はかかりません。

日帰りでも参戦できますが…詳細は後程!!

期間:2017年4月29日~2017年11月1日
時間:
[A期間] 9:00~20:00(最終受付19:00)
[B期間] 11:00~20:00(最終受付19:00)
※11月1日のみ17:00閉館(最終受付16:00)
※チェックイン前に利用の場合は、宿泊ホテルのフロントに確認を。
閉館:23:00(20:00~23:00はライトアップのみで泳げません)

特徴は大きく分けて4つ

その1.ビッグウェイブプール

屋内のウェイブプールとしては日本最大級のスケールを誇り、小さな波から大きめの荒波までが発生されます。浮輪に掴まってゆらゆらと心地よい流れに身を委ねてリラックスするも良し、スタンド・アップ・パドル(SUP)で波乗りするも良しです。

ウェイブの発生は、オープン30分後からの毎時0分と30分。各回10分間です。その他各種アクティビティプログラムも用意されています。

大人向けのアクティビティプログラム5つについて

  1. スタンドアップパドル(SUP)レッスン
  2. SUP Enjoy Park
  3. ウォーターライン
  4. SUPヨガ
  5. ビーチヨガ

ミナミナビーチ内のアクティビティは色々ありますが、個別にお金がかかるのが痛いですねー(詳細は後程)。入場料だけでも高いのに、宿泊しないでミナミナビーチだけを目的に行く人には正直オススメできないですね。

ただ、ここでしか体験できないのも確かなので、お財布と相談しながら楽しんでみてください。

1.スタンドアップパドル(SUP)レッスン

スタンドアップパドルに乗れるようになるための
レッスンを受けることができます。

営業期間
2017年4月29日~2017年10月31日
時間:20:30~、21:30~
所要時間:60分
集合場所:ミナミナビーチ フロント
料金:大人  2,500円 子ども(小学生) 1,500円
未就学児 無料
対象:全年齢
催行人数:6名
予約:当日18:00までに、ミナミナビーチ フロントまたは電話にて要予約

2.SUP Enjoy Park

営業期間:2017年4月29日~2017年11月1日
時間:
[A期間] 9:00~20:00
[B期間] 11:00~20:00
所要時間:30分
集合場所:ミナミナビーチ レンタルカウンター
料金:1名様 1,000円、延長30分500円
対象:全年齢
催行人数:7艇

 

3.ウォーターライン

水の上に張られたスラックラインのことで、
長さは30mもあります!
水面から1mに張られた幅5cmのライン。
頑張って渡り切ってくださいね!

営業期間:
2017年4月29日~2017年11月1日
時間:常設(ウェイブタイム実施除く)
開催地:ミナミナビーチ ウェイブプール奥
料金:無料
対象:全年齢

 

4.SUPヨガ

営業期間:
2017年5月6日~2017年10月22日
【5月】6, 7, 20, 21
【6月】10, 11, 24, 25
【7月】1, 2, 15, 16
【8月】5, 6, 19, 20
【9月】9, 10, 23, 24
【10月】7, 8, 21, 22
時間:
【土曜】20:00~
【日曜】10:00~、11:30~
所要時間:60分
集合場所:ミナミナビーチ(開催場所、ミナミナビーチ ウェイブプール)
料金:3,000円
対象:全年齢
催行人数:6名
予約:前日20:00までに、ミナミナビーチ フロントまたは電話にて要予約

 

5.ビーチヨガ

営業期間:
2017年5月6日~2017年10月22日
【5月】6, 7, 20, 21
【6月】10, 11, 24, 25
【7月】1, 2, 15, 16
【8月】5, 6, 19, 20
【9月】9, 10, 23, 24
【10月】7, 8, 21, 22
時間:
【土曜】19:00~、19:30~
【日曜】11:00~
所要時間:30分
集合場所:ミナミナビーチ
料金:1,000円
対象:全年齢
催行人数:10名
予約:前日20:00までに、ミナミナビーチ フロントまたは電話にて要予約

スポンサーリンク

各種(追加)アクティビティプログラムについて

ここまでお読みになって多分僕と同じ感情を抱いていると思いますが、

「追加アクティビティ高ぇ!!」( ゚Д゚)ΣΣ!!

ってことですね(笑)

これじゃ何しに来たのか分かりませんよね。
ということで、ミナミナビーチでは普通にウエイブプールを楽しんで木林浴で温まって部屋に帰るのが一番かと…。

その2.こどもプール

はじめてのプール遊びにもうれしい水深30cmのお子様専用プール。
ボール遊びなどでプールの楽しさを覚えたら、ウェイブプールにも挑戦してみましょう。

小さな子供がいるご家族にオススメなプールですね。
カップルで遊ぶときに小さな子供がいると気を使いますもんね。
離れているプールであればお互いに気を使うこともなく楽しめるってもんです。

その3.木林の湯

ミナミナビーチ直結の露天風呂です。
水着での入浴はできないようなので注意が必要です。

こちらは日帰り入浴も可能です。
プールで活発に運動した身体を温かいお湯でのんびり癒す目的に利用するのがいいですね。

入場料
宿泊する場合は無料

日帰りの方
大人 1日券 800円 / 小学生 1日券 500円

 

その4.その他

こちらは基本的に大人が楽しむものですね。

ライトアップ

20時以降はライトアップされてロマンチックな空間に。 ラグジュアリーシートも用意されているので、昼間とは違う表情をゆったりと幻想的な世界で堪能しましょう。

レンタルショップ

レンタルの詳しい概要はこちらから。

ざっと見ましたが、装備は自分で用意していくのがオススメですよ。

なんせ、クソ高いですから…(笑)無駄な出費はやめましょう。

カフェ・バー

美味しいドリンクをプールサイドでいただけます。
ここも料金は推して知るべし…。

まとめ

ミナミナビーチの概要について書きました。

総評としては「とにかくお金がかかる」というイメージですね。
ホテルに宿泊するついでにミナミナビーチにも寄ってみる…程度で十分でしょう。
日帰りで楽しむだけでははっきり言って割が合わない感じです。

こりゃ子供連れは破産しちゃいませんかね(笑)
カップルであれば、朝雲海を見に来て、その後(結構待ちますが)チェックイン前にミナミナビーチで遊んでから木林浴に入り、その後ホテルで休憩。食事を楽しんだ後、ライトアップされたミナミナビーチに戻ってくる。

というようなプランがいいですかね。

営業期間にも限りがあるので夏~秋の期間のお楽しみって感じでしょうか。
冬になるとまた装いが変わるので、それもいつか記事にしようかな。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました