グアム行くならやっぱりハワイ?北海道から行く場合どちらがいいか比較

オススメ北海道旅行

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!グアムとハワイ両方行った経験のある道民ユウトです。

ふと会話で友人に【旅行するのなら、グアムとハワイどっちがいいんだろうね?】って話が出てきたんですよね。

以前北海道の新千歳空港からユナイテッド航空を利用してグアムに行って来た記事を書きました。
グアムは今回で2回目でしたが、ハワイにも1度行ってみた経験から、

「道民が北海道(新千歳空港)から普通の旅行で行くなら、グアムとハワイを比較したらどっちに行くのがオススメかな?」をお伝えできるといいのかなと思いました。

ということで今回は、新千歳空港から普通の旅行で行くならグアムとハワイとどちらがオススメか、実際の体験を交えながら比較しました!

ちなみに、グアムに行って来た記事はこちら

準備編はこちら

海外旅行で失敗しないための準備編はこちら

こんな人にオススメ・読んで欲しい
  • グアムとハワイどちらが自分たちに合っているのかを知りたい人
  • グアムとハワイ両方行った視点からアドバイスが欲しい人
  • 北海道から行くならグアムとハワイどちらがいいのかを知りたい人

グアムとハワイどっちがいいの?

この悩み、よくあることのようですね。
先日何の気なしに出た会話の中からのことでした。

北海道から行く場合グアムがいいのか、ハワイがいいのか…
実際に行くと考えないと中々比較対象にならないのですが、実際はどちらがいいの?
とお思いの方もいると思い記事にしようと思いました。

そこで、グアムとハワイ双方のメリットを北海道から実際行ってみての自分の観点から
書いてみようと思います。

人によって違いがあることなので、良いところを見ながら考えていただければなと。

ちなみに、グアムは4泊5日、
ハワイは5泊7日程度の日程を一般として考えています(もちろん延泊も可能)

グアムとハワイどっちがいいかの比較

直近ではグアムに行った記憶が新しく、実際に撮った写真などの素材も豊富なのでグアム寄りな感想になっているかもしれませんので、ご容赦ください。

グアムを選ぶ4つのメリット

  1. 移動距離が少ない(新千歳空港から直行便がある)
  2. 時差が少ない
  3. 旅費が安い
  4. ホテル前の海の綺麗さ

1.移動距離が少ない

追記:2018.1月から新千歳からグアムへの直行便はなくなってしまいました。
そのためグアムもハワイもあまり手間が変わらなくなっている印象です。

詳しくはこちらにまとめています。

本州の人はハワイは羽田や成田からでも行けますが、僕は北海道旭川なので、グアムに行く場合羽田空港や成田空港を使うとなると前泊か後泊が必要になってきます。
従って新千歳空港一択になります。

ちなみに、新千歳空港からユナイテッド航空を利用してグアムまで行くと、
新千歳→グアム:4時間40分
成田 → グアム:約3時間45分となります。

ハワイではハワイアン航空で最短7時間35分で行けます(行き)
帰りは気流の関係で10時間20分です。

大体倍の飛行時間の違いがあります

後は、市街の移動のしやすさとしてはグアムの方がコンパクトなので動きやすいということもあります。

ちなみにグアムの場合はバスでの移動がオススメです。

2.時差が少ない

出典:HIS

ハワイ:日本-19時間
グアム:日本+1時間

と大きく時差があります。
向かう先が横か縦かの違いで大きく変わってくるのでしょう。

3.旅費が安い

これも旅行する時にとても重要なポイントですよね。
僕が新千歳空港からグアムを楽天トラベル で予約した時は4泊5日、ホテル代込みで約11万円(2017年6月時点)でした。

ちなみに泊まったホテルはこちら【オンワードビーチリゾート
詳しい内容についてはこちら。

ちなみに新千歳空港からハワイまで行くとしたら宿泊日数も違うので正確には出ませんが、仁川乗り換えで大体同等のお値段のホテルでは約18万円でした。

海外の場合安心感や特典を求めてJTBで予約する!!という人も多いと思います。
JTBで予約するならこちらからどうぞ。

↓↓クリックして詳細を確認する↓↓

4.ホテル前の海の綺麗さ

意外にもハワイよりもグアムの方がホテルから近い場所では海がキレイなんです
(オアフ島のワイキキ周辺、グアムのタモン湾周辺に限定で言えば)

アクティビティに関しては同等のものがあるのであとは好みです。

スポンサーリンク

ハワイを選ぶ4つのメリット

続いてハワイのメリットです。

出典:HIS

  1. ショッピングスポットが多い
  2. ホテルの豪華さ
  3. 観光地の多さ
  4. グルメスポットが多い

1.ショッピングスポットが多い

ハワイはアラモアナセンターを筆頭に、ワイケレプレミアムアウトレット、
Tギャラリア ハワイ by DFS、ロイヤルハワイアンショッピングセンター、
ワード・センターズなどなど、かなりの買い物スポットが目白押しです。

出典:MYハワイ

対してグアムはTギャラリア グアム by DFS、ザ・プラザとグアム・プレミアム・アウトレット(GPO)とマイクロネシアモールと数は少ないです。

で、ブランド物を購入するのであればグアムでも事足りますが、ブランドの数が少ないのと
手軽なものはほとんど置いていない印象でしたね。

ちなみにマイクロネシアモールはこちら

2.ホテルの豪華さ

出典:JTB

これに関しては圧倒的にハワイが優勢のようです。
グアムはいい意味で雰囲気のある(古びた)ホテルが多いのですが、やはり観光客の母数が多い
ハワイの方がしっかり整備されているというイメージですね。

3.観光地の多さ

グアムは実は面積はおよそ549平方キロメートルという結構小さな島なんです。
そして、ブランドショップなどが並ぶ繁華街は、タモン地区のほんの一角だけ
(さきほど書いたTギャラリア グアムなどが並んでいる繁華街)

ちなみにハワイは1545平方キロメートルと、グアムの3倍近い面積にもなります。
これだけ取ってもハワイが有利ですね。

ちなみにグアムの観光スポットはこちらになります。

4.グルメスポットが多い

これも街の大きさから比べるとハワイに軍配があがります。
芸能人が出資しているアイス屋さんとか(笑)
ラーメン屋とか物珍しいものもありますが、ご当地のグルメを味わうにはハワイがいいですね。

グアムにはこれと言ったご当地メシのようなものがないのも残念です…。
でも、グアムでこれ食べたい!というお店があったので行ってきました。

こちらはタモン地区のメインストリートにある【ビーチンシュリンプ】です。
エビが美味しかったですね。

でも…、一緒に出てきたご飯は水分が多めで微妙(笑)個人的には固めのご飯が好きなので…。
アメリカの「ライス」って感じですね。
日本のご飯にはほど遠いものに…。

スポンサーリンク

グアム・ハワイの渡航に必要なものについて

ハワイに行く場合はESTA(エスタ)は必要です。
グアム単体では必要ありません。単体やグアムからハワイ入りする場合には必要。

ESTAについてはこちらの記事を参考に
ESTA公式サイト

その代わり、グアムの場合は行きの飛行機内で配布されるグアム島査証免除プログラム用の出入国カード(I-94)と出入国カード(I-736)という書類を提出する必要があります。

一度エスタでの認証を受けると2年間有効です。ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日で無効となります。

ESTA(エスタ)についての詳しくはこちらの記事でまとめています。

グアム・ハワイ共に持ち込み禁止の物があるので注意!!

ハワイもグアムも共通して言えることは、カップラーメンの持ち込みは見つかると罰金ということ。詳しく言うと「肉エキス」が検疫で引っかかるということなので、ご注意を。

詳しくはこちらから

アメリカ系では違反よりも虚偽の申請の方を厳正に罰するので、
違反がないように持ち込みの荷物を今一度確認することをオススメします。

「どん兵衛(そば)ならばどうか?」という話もありますが、
肉エキスが含まれていなければセーフですが、微妙なものもあるので事前に確認しておくのが無難です。

現地のコンビニやABCマートでも辛ラーメンは購入できるので(ちょっと割高)冒険は避けた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

グアム・ハワイに必ず用意していきたいアイテム

ハワイもグアムも日差しがとても強いです。
ただし!ハワイでは海に入る時に日焼け止めが使えなくなるというとんでもないことになっていきそうです(サンゴを守るため)

詳しくはこちらの記事を参照してください。

とは言え、日焼け止めなしにビーチリゾートに行くなんて考えられないですよね?
そこでオススメなのがこちらの商品。
↓↓クリックして詳細を確認する↓↓

詳しくはこちらの記事で紹介してます。

プラスチック製品も海を汚さないようにと各会社が紙製のものに変えてきているようですし、この流れは今後も続いていくでしょう。

とはいえ、海のアクティビティーはハワイやグアムでは欠かせませんよね。
そこまで行って何もやらずに帰ってくるなんて考えられません(笑)

グアムでは僕らはシュノーケリングとパラセーリングを体験してきましたよ。
残念ながら、海の中に入る時にスマホを入れるカバーをその時は持っていなかったので
(後パラセーリング時にも海に落としたら最悪だという事で持っていかなかったために、)
動画や写真なども撮れなかったという苦い思い出があります…。

あなたも僕と同じ失敗をしないように事前に準備しておきましょう。
ちなみに売店でも買えますが、かなり割高なので国内で買って持って行った方が絶対にいいです。

ちなみにこんなやつですね。オススメはネックストラップがついているもの。

電波が弱めなのでWi-Fiがあると安心です

ホテルでは基本的にWi-Fiが完備されています。
しかしながら、電波の状態はイマイチなことが多いのが難点。

旅先でSNSにアップしたり、友達に送ったりしたいですよね?
万が一迷子になって(僕の事です(笑))場所を調べたい時など、
そんな時にWi-Fiが遅かったり、電波が悪いと困りますよね?

そこで、オススメなのが海外利用でも使えるポケットWi-Fiです。
上級者にもなるとSIMフリーのアイフォンに現地で使えるSIMを購入して(旅行期間だけのプランがあります)どこでも使えるようにしているみたいですが、

SIMフリーの携帯でないと使えない事や空港にSIMの自販機がありますが、
英語ができないと中々自分でできるものではありませんよね。

そこで、こちらがオススメです。

↓↓クリックして詳細を確認する↓↓


海外行くなら!イモトのWiFi

こちらのポケットWi-Fiはネットで予約でき空港受け取りや、送付してくれるシステムになっているので煩わしさがなくかなり便利です。

各種割引も用意されているので早期の申し込みがオススメ。

グアムのオススメアクティビティー

アルパンビーチクラブ

*画像はイメージです

こちらではパラセイリングやジェットスキー、イルカウォッチング、バナナボートなどのアクティビティが体験できるので、ぜひ事前の予約を。現地に行ってからも予約はできますが、
現地の予約だと色々面倒(英語が話せないとスムーズにいかない)なので、事前に国内で予約しておく方がいいです。

無料送迎バスがついており、泊まっているホテルまでの迎えがあります。
ABCのパッケージには「スーパービーチリゾート」という、1日中ビーチで快適に過ごせる
ランチ食べ放題とミニアクティビティがセットになっているので、とってもお得!

ハワイのオススメアクティビティー

ハワイでは数多くのアクテビティーがあるので迷うかもしれません。
なので、僕が過去に行った時にやってよかったと思ったものをチョイスします。

ドルフィン&ユー

*画像はイメージです

楽園ハワイで野生のイルカとの出会いを楽しむ感動体験!
オアフ島ウエストコーストに生息するイルカは、スピナードルフィン(はしながイルカ)。

名前の通り、ジャンプが大得意!そっとおどかさないように、リラックスして泳いでいると、近くまで寄ってきてくれることも。早朝(5時台)発のツアーなので、昼過ぎにはホテルに戻れてその後の予定もいろいろ楽しるのもポイント。

マジェスティック号・サンセットクルーズ

*画像はイメージです

最先端の横揺れ制御装置を搭載し、高級感のあるダイニングエリアとオープンエアで見晴らし抜群のトップデッキを備えた「マジェスティック号」。
ワイキキの美しい眺めやサンセットを楽しみながらビュッフェ・ディナーを楽しめます。
もうワンランク上のディナークルーズはドレスコードが必要なので、気軽に楽しみたい方はこちらがオススメです。

ちなみにアクティビティーは出発前からでも予約ができるのって知っていました?
こちらから予約できるので活用してみてください。
↓↓クリックして詳細を確認する↓↓

楽天での予約もオススメです

海外といえばJTBの独壇場な感じもありますが、僕らはグアムには楽天トラベルで行ってきました。

詳しくはこちらからどうぞ

やっぱり楽天の一番のストロングポイントは【ポイント還元率】と【ポイントの使い先が豊富】ということ。

海外旅行では5%の還元率(SPUによってもっとアップするかも?)だし、
もらったポイントは買い物や他の旅行の時にも使えるからです。

まだ持っていないのであれば年会費は永年無料なので、この機会に取得しておくととっても便利ですよ。ポイントももらえるし(もらえるポイントは時期によって変わる場合があるので事前に調べておきましょう)

楽天カードの詳しい記事はこちらにまとめてあります。

今の内に作っておきたいという人はこちらから。
↓↓クリックして詳細を確認する↓↓

年会費永年無料の楽天カード

グアムとハワイどっちが良いかの結論

グアムは2世代、3世代で旅行に行くには最適かもしれません。
移動距離が少なく、ホテルのプールで遊んだり比較的ゆっくりできるのがいいかと。

食べるものに関してや買い物に関しても海外でブランド物を買う予定がないのであれば、
特筆すべきものはありません。

ただし、旅費が安めなのと、休みが比較的少なくて済む(有休を取りにくい)という場合には最適案かもしれません。または数多く旅行へ行きたいから1回あたりの金額を抑えたいなど。

対してハワイはカップルやハネムーンで利用するのがメインでしょうか。
北海道から行くのであれば、便数の多い成田を利用する場合前泊や後泊に加え、しっかりと休みの日を確保して臨まねばならないため、ややハードルが高いと思います。

ちなみに、ハネムーンで利用する場合はハワイをオススメしています。
グアムが新千歳空港からの直行便がなくなってしまったということに加え、
ハワイには直行便があるということもオススメの要因の一つです。
詳しくはこちらの記事で。

どちらかというと、グアムは気軽に、ハワイはガッツリ楽しむという感じでしょうか。

個人的な感想

北海道から両方行ってみて感じたのは「観光メインであればグアムはもういいかな」という感覚でした(笑)料理にしても、観光地価格で結構高かったのもマイナスイメージですね。

ただ、アクティビティーに関していえばグアムもハワイもそれほど変わりがないのと、移動のバスなどの利便性も同等くらい。

強いえて言えば、ショッピングや食事の安さや自由度においてはハワイの方が選択肢が多いような感じがします。

実際にハワイに行ったのはもう10年前くらいですが、
大分変わっているんだろうなぁ。
今度はハワイに行きたいな、と思う今日この頃。

それぞれの利点をしっかり押さえて旅行の計画を立てるのがいいかと思います。
このブログがあなたの旅の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

道民ユウト。旭川在住の人。

このブログでは僕が行ってみて良かった!!って感じた北海道の温泉地(客室露天風呂)・グルメ・車での移動情報をお届けします。

主に30代カップル・夫婦(子供なし)の参考になる情報を発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

Twitterやってます
道民ユウトの更新情報を受け取りませんか?
Twitterフォロー歓迎!! Twitterではたまにつぶやきと、記事更新時一番早く情報を受け取ることが可能です。 北海道好きな人つながりませんか?道民・内地民問わずおいでませー。
オススメ北海道旅行 海外旅行編
道民ユウトオススメの客室露天風呂
思い出に残る客室露天風呂に泊まってみませんか?
僕がオススメしている温泉、客室露天風呂で一番衝撃を受けた温泉地がニセコにあります。 平日に泊まると宿泊料金が割安になって、なおかつ空いているのでオススメ。 一度泊まればもう他では満足できなくなるかも?
北海道民、ユウトをフォローする
道民ユウト@北海道の客室露天風呂マイスターが車で行く、北海道の楽しい旅&グルメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました