旭川冬まつり2019寒いけど今しか味わえない体験をどうぞ!

オススメ旅行

スポンサーリンク

どうも!道民ユウトです。

今回は旭川冬まつり2019に参加してきました。今年は寒波がやってきた時期とあってかなり寒い中の参戦となりました。

今年は人出も結構いて、かなりの賑わいを見せていました。
楽しく暖かく遊んでこれるように情報をお伝えしようと思うのでよろしくお願いします。

ちなみに一昨年の2017年の様子はこちらからどうぞ。

旭川冬まつり2017に行ってきました~真冬の北海道を楽しむための備えと楽しみ方~
旭川冬まつり開催中です! 札幌会場と違って、川べりに会場があるので防寒対策はしっかりとしていきましょう。芸人も歌手も来てくれているので例年よりも盛り上がっていくと思います。 せっかく冬のイベントを楽しみに行くのに寒くて耐えられないなんてことにならないようにしっかり準備をして今しか体感できない寒さを楽しんでくださいね。

旭川冬まつり

開催時期

2019年2月6日~11日

時間:6日(12:00~19:00)
7日(9:30~19:00)
8日(15:00~19:00)
9日(10:30~19:30)
10日(9:30~19:30)
11日(11:00~19:00)

2019年では開催日毎日19時頃から花火が上がっています。

合わせてこちらも同時開催なので、一日中楽しめますよ。

雪あかりの動物園2019旭川冬まつりと一緒にどうぞ!
今回は旭山動物園の冬期間に開催されている雪あかりの動物園についての記事です。 普段とは違った冬と夜の動物たちの生態に触れられるレアな体験ができてとってもお得ですよ!

アクセス

旭橋のたもとに駐車場がありますが、激混み必至です。
また、会場周辺の通行規制もあるので、不慣れな方は運転に十分に気を付けてください。

小さな子供連れの場合はこちらの会場の駐車場も使った方がいいかもしれませんが、
基本的には送迎バスもありますので、そちらを利用するのがいいかもしれません。

旭川駅から会場までは10:00~18:30(15分間隔で20分で結びます)
旭山動物園にもアクセスできるので1日で両方楽しめますよ。
(12:00~18:00まで)

旭川駅周辺に車を止める場合はイオンか、こちらであらかじめ近くの空き駐車場を確保しておきましょう。

↓↓こちらをクリックして詳細を確認する↓↓

雪像

メインステージはイベントをやっていたので撮れなかった(撮影禁止とのこと)ので他の雪像を撮りました。

数多くの雪像があるので見て回るだけでもかなり歩きます。

スポンサーリンク

 夜の会場

夜はライトアップされた会場が幻想的な景観を生みます。

それに比例して寒いですが、こちらも一見の価値があります。

各種イベント

今回の冬まつりでは数多くのイベントが開催されていました。

  1. バナナボート・スノーラフティング
  2. 雪の巨大迷路
  3. スノージップライン
  4. 滑り台(ぶんぶんスライダー)
  5. 働く機械体験
  6. チュービングコーナー
  7. ゾープボール
  8. 引馬体験
  9. 雪の礼拝堂
  10. ミニ雪だるま制作コーナー
  11. 雪上パークゴルフ
  12. 売店

ブース1.バナナボート・スノーラフティング

1回300円。

開催時間は2月6日・9~11日 10:00~19:00
2月7日 10:00~17:00

写真はバナナボートですが、こちらはヘルメット着用が必要です。
スノーラフティングの場合は落ちる危険が少ないので、メットはつけなくてもいいそうです。

実際に乗ってみましたが、結構なスピード感と横Gがかかります。
バイクに乗ったことがある人なら重心移動しながら楽しめますが、腕の力だけでつかまっているのは中々大変です。

ブース2.雪の巨大迷路

無料。
開催時間2期間中(6日・9~11日) 9:00~18:30 19:30~20:30

雪の壁に囲まれているので本当に迷う人も。
入った傍から入り口に逆送してしまう人も結構いましたね。

かく言う僕はなんとなく進んでいたら全く迷うことなくそのままゴールへ…(笑)
途中には仕掛けもあったようですが、それもスルーしてしまいました。

ブース3.スノージップライン

2月6日~8日 9:00~15:00
9~11日 9:00~15:30
料金は大人800円 子供500円。

残念ながら写真を取り忘れてしまったのですが、今回はかなり大がかりな装置が導入されていました。

重機(クレーン)で上まで移送され、そこから滑り降りるというものでした。
帰り道はスノーモービルで送ってくれるという特典付き。

ブース4.滑り台(ぶんぶんスライダー)

無料。

2月6日 9:00~17:00・19:00~20:30
7~10日 9:00~18:30・19:30~20:30
11日 9:00~17:00

日中は子供がメインですが、夜になると大人でも参加できます(笑)
子供用の短めな滑り台もあるので、年齢帯に合わせてチョイスしてみてください。

ブース5.働く機械体験

無料。

  • 高所作業体験
  • 除雪車両展示会と運転席試乗会
  • ミニショベル体験
  • ドローンフライトシミュレーター
  • GPS宝探し
  • 測量体験

など。

高所作業体験

2月6日~8日 9:00~15:00(12:00~13:00休止)
9・10日 10:00~15:30

除雪車両展示会と運転席試乗会

その他は2月9~10日 10:00~15:30

ブース6.チュービングコーナー

無料。
期間中 9:00~18:30

小高い坂からチューブに乗って滑走します。
見ていたら子供は坂に乗り上げて止まるのですが、大人は重いのでそのまま坂を超えてしまいそうな感じがしましたね(笑)

ブース7.ゾープボール

1回500円。
期間中 9:00~16:00

大きなボールに入って転がるアクティビティーです。

ブース8.引馬体験

1回500円
期間中 9:00~15:00(12:00~13:00休止)

馬に乗れる体験ができます。
普段は花咲陸上競技場で夏場になっているようですが、冬まつり期間には出張してくれるのですね。

馬に乗れる体験なんて中々できないので是非この機会を逃さないようにしてくださいね。

ブース9.雪の礼拝堂

外国人も旭川を訪れるようになって、宗教上の礼拝も必要な方も来旭されるようになったので、国際化が進んできたようですね。

中はこんな感じ。

ブース10.ミニ雪だるま制作コーナー

誰でも簡単に雪だるまを作れるようなキットがあります。
あなたの作った雪だるまが会場を彩るかも?

ブース11.雪上パークゴルフ

常磐公園の方に足を延ばすと雪上パークゴルフが行える会場があります。
その道中に雪だるまが並んでいる通路を通る事ができます。

ブース12.売店

開城限定のピンバッジやゴールデンカムイ の等身大パネルなども展示されていました。

売店

今回の冬まつりではかなりの数の出店が出店していました。
お好みのお店で美味しくグルメを楽しんでください。

全部で37ものお店が出店しています。
目玉は寒~~~い会場でいただくラーメンですかね。
すぐに冷えてしまうのですぐに食べるべし!!

ちなみに僕は旭川地ビールをいただきました。完全防備で冬まつりに臨んだので、冷たーいビールを飲んでも(外気温はマイナス8℃)身体は冷えずに楽しめましたよ。
さらにはビールもいつまでも冷たいままでした(笑)

よーく見ると、カップに大雪のローマ字が!こだわってますねー。

ゲストについて

9日にはANZEN漫才のみやぞん、あらぽん
足立佳奈さん、柳ジュンさん、モングンさんが参加されました。

この日は僕も会場に居ましたが、写真や動画の撮影は禁止されていました。
そうとは知らず遠巻きに撮ってしまいましたが…。
みさなんも気を付けてくださいね。

11日にはAIRーGの公開録音も予定されていて、
瀬川あやかさんや栞寧(しおね)さん、なかにしりくさんもやってきます。

こんな過酷なステージでちゃんと声が出るんでしょうか…(笑)
ま、きっとプロなのでそこら辺は問題ないでしょうが…。
大人はアルコール、子供は甘酒などで暖を取りながら観覧してくださいね。

装備について

二月は北海道でも指折りの寒さになります。特に2019年は史上最大の寒気が上空を覆っていたので、会場を歩く際には道民と言えども完全防備で行く必要があります。

若い娘なんかは上着の前を開けたまま歩いている人もいましたが、あれはハッキリ言って自殺行為です(笑)

みなさんもマネはしないように…

オススメの防寒はスキーに行く時のような装備(スキーまたはスノボウェアにそれに準ずる手袋、下にはヒートテックなどのタイツ)で行くのが寒さを忘れて楽しむコツです。

靴も厚底で冷たさを感じないものを選んでください。

冷えは足元から来ますからね。そして、一度冷えると温まるまでにはかなりの時間休憩室で暖まらないとならないし、復調しないかもしれません。

ちょっとやり過ぎかな?くらいでも問題ない寒さですので、持ちうる最大の寒さ対策で来てくださいね。

まとめ

旭川冬まつり2019もう行ったよ、という人やこれから行くという人も防寒対策は絶対に忘れないようにして、寒さを存分に感じてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました