小樽のグルメ寿司屋の「すし耕」 をオススメする3つの理由

オススメ旅行

スポンサーリンク

どうも!道民ユウトです。
行ってきました!小樽のお寿司屋さん。
港街ってとってもおしゃれですよね。街の雰囲気ももちろんのこと、魚介類が元々美味しい北海道の中でも群を抜いて美味しいですからね。

今回行って来たのは【すし耕】というお寿司屋さんです。
車で来る場合も安心、駐車場もしっかりあり、予約もできるので来たけど入れないなどの失敗がないのがポイント。

ちなみに、小樽にはもう一つオススメな場所があります。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

すし耕は車で行きやすい駐車場もあるお寿司屋さん

営業時間:12:00~21:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:6台
座席:30席(カウンターあり)
ホームページはこちら

小樽の運河沿いにあるお寿司屋さんに行ってきました(*´ω`*)

小樽と言えば、言わずと知れた北海道の港町。函館と並んで観光客が多いです。

今や、外国人観光客が平日でもどっと押し寄せていて以前のような平日には空いているということが、なくなってきました。

すし耕をオススメする3つの理由

僕がすし耕をオススメする理由は以下の3つ。
お寿司が美味しいのは当たり前としてその他にも僕がすし耕を選んだ理由があります。

  1. お寿司をゆっくり味わえる
  2. 駐車場があるので車で来ても安心
  3. 観光地だけどそんなに混んでない

オススメ1.お寿司をゆっくり味わえる

観光地だと大抵混雑していてゆっくり味わえないということがありませんか?
特に回転すしだとお昼時には非常に混み合って1時間も2時間も待つハメになってりします。

道外では当たり前かもしれませんが、こちとら道民、待つことには慣れていません(笑)
というか個人的に何かを食べるのに待って食べるというのはほとんどしません。

その点すし耕では予約さえしておけば待ったりすることなく美味しいお寿司をゆっくりといただく事ができます。

オススメ2.駐車場があるので車で来ても安心

北一硝子などのある市内中心部は基本的に人の流れも多く、また車では少々行きにくい場所でもあります。

しかし、すし耕では敷地内に駐車場があるので悠々と停めることができます(無料)
特に家族連れでは場所の確保もままならないこともありますので、
予約さえしておけばOKという安心感も重要ですよね。

オススメ3.観光地だけどそんなに混んでない

ここのお店は、観光客のバスが停まる所(港堺町駐車場)から少し離れているのであまり混雑していません。

外国人観光客が多いと信号でたどり着く前によく止められたり、混雑していてゆっくり食べられなかったりというデメリットが多いのですがその心配が少なくていいのは嬉しいですね(要予約)

スポンサーリンク

すし耕の場所はこちら

車のナビで行く場合には若干の誤差が出ることもあるので注意が必要です
(以前行ったときポータブルナビでは一発では行けませんでした)

道民の習性として車で行ける場所をどうしても選んでしまうんですよね(笑)
移動して来てさらに人混みだと疲れちゃうじゃないですか。プライベート空間が確保されている車ならカップルにも子連れにも安心ですね。

北海道の移動は車がオススメです。

この記事はレンタカーを使って移動することを想定して書いていきますが、
ちなみになぜレンタカーで移動するのがいいのかについてはこちらにまとめてあるので、
ご参考でに。

北海道旅行にはレンタカーが必要?レンタカーを使うべき6つの理由
北海道旅行をする際に是非知っておいてほしいことがあります。 それは【北海道旅行にはレンタカーは必須】ということ。 北海道は知っての通りとっても広い。しかしその分公共交通機関が未発達で、都会のように整備されていないのです。と、いうことで今回の記事は北海道旅行をする上で避けては通れない問題を解決するための記事です。

↓↓レンタカーをお探しならこちらをクリック↓↓

全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

頼んだのは海鮮ちらしとにぎり

こちらはちらし。
ウニが口の中でとろけてとっても美味しかったです!

ネタの一つ一つが丁寧に処理されていて主人の気持ちがこもったお寿司だと感じました。
写真で見て分かる通りネタが油の乗ったものを厳選して出されていることと、
実際に食べてみてネタの新鮮さが改めて実感できるものに。

普段北海道のお魚を食べていて慣れてしまっていますが、すし耕のお寿司を食べたら
同じ北海道でも鮮度が違うなということに気づかされました。

こちらは握り。
小鉢のいくら丼もついてきました。

やはり握りのネタはちらしと違って、よりしっかりしていてネタをかみ切るとぷりっと歯ごたえさえ感じさせるほどの弾力が素晴らしかったですね。

ネタの質がうまさを決めると思いますが

やっぱり小樽!道民でも感動する味体験です。
旨かったですねー

スポンサーリンク

すし耕はテレビでも紹介されています

こんな一幕も…

テレビの取材も受けていましたねー。
「ウソのような本当の瞬間」納得の旨さでした(*´∀`)

まとめ

北海道民でも、やはり港町での魚介類のうまさは違いを感じます。

特に北海道以外から来られた人はほっぺたが落ちるくらい魚介類が美味しい!と感じるのではないでしょうか。

楽しい旅行と食事を楽しんでいってくださいね

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました