山の水族館、おんねゆにインスタ映えする幻想的な風景を見に来ませんか?

オススメ北海道旅行

スポンサーリンク

どうも!道民ユウトです。

今回は北見市温根湯(おんねゆ)にある山の水族館と呼ばれる場所に行ってきました。

こちらは冬になると水槽の表面が凍ってしまうことがある極寒の中氷の下を魚たちが泳ぐ姿を見られるというレアな体験ができるスポットとして有名です。

同じ敷地内には道の駅 おんねゆ温泉 があり機械仕掛けの時計もあるので、見所十分なものです。(クリックすると楽天に飛びます)

インスタ映えするスポットも多々あるので、是非カップルや家族連れで遊びに来てみてください。

山の水族館

アクセス

営業期間と時間

入場料

一般料金:大人670円 中学生440円 小学生300円
年間パスポート:大人1,000円 中学生660円 小学生450円

(夏季)8:30~17:00
(冬季)9:00~16:30
休館日 (夏季)4月8日~4月14日
(冬季)12月26日~1月1日

山の水族館の見所

  1. 滝つぼの水槽
  2. 冬に凍る川の水槽
  3. 1m級のイトウ
  4. 川辺の生き物
  5. 熱帯淡水魚
  6. 川の生き物にタッチ
  7. 個性豊かなスタッフ紹介
  8. 季節の展示

と見どころいっぱいです。

スポンサーリンク

見どころ1.滝つぼの水槽

一番のインスタ映えスポットはこちら。
上部がアーチ状になっているので、下から写真を撮りやすいのが特徴。
真っ青な水の色と泡、そして魚たちの群れ…

幻想的な一枚が撮れる事請け合いです!!
本当に綺麗です。パンフレットの通りですね。

動画はこちら

見どころ2.冬に凍る川の水槽

この水槽、実際に外に設置されているんです。
そして、ここは北海道。

真冬はマイナス15℃くらいにもなる場所です。
当然川みたいに流れがあるところでも凍ります。
通常は凍った水面下は見ることはできませんが、山の水族館のみ見ることができます。

中までは完全に凍らないのですが、こちらから魚たちの挙動を見ることができるんです。
横から見る水槽は珍しくなくとも、凍った水面を横から見るのは中々ありませんよね。

山の水族館の水は地下水を直接使っているため、濁ったりしますが、それも自然の中の一コマ。

実際に凍っている水槽を清掃している画像がこちら

見どころ3.1m級のイトウ

イトウって珍しい魚なんですよ。
天然もので1m級なのは本当にレアもの。
釣りに行っても一生に一度会えるかくらいだそう。

見どころ4.川辺の生き物

川エビとかがいました(笑)

見どころ5.熱帯淡水魚

魚たちがやや小さかったのもあってこちらも写真には収めていません。
ツイッターの画像でご容赦ください(笑)

スポンサーリンク

見どころ6.川の生き物にタッチ

残念ながらここは写真に撮っていないのでご紹介できませんが、お約束のドクターフィッシュなどがいます。

そして、なぜだか亀の水槽があるのですが、【こちらは絶対に触れないでください】と書いてありました。亀は噛むのだそう。くれぐれも気を付けて。

でも、こっちには触れたいかも(笑)

見どころ?7.個性豊かなスタッフ紹介

スタッフの紹介写真があるのですが、どれもこれも個性的な表現の仕方で度肝を抜かれました(笑)

個人情報なので写真は載せられませんが、是非現地で確認していただきたいです。

冬道運転力Eクラスに始まり(もちろんいい評価なのはAクラスです)、
腰の耐久性Eクラス、
地図を読む力Eクラスまで…(笑)

特にクラッシャー力Aの女性スタッフはそのスタッフ紹介の紙が張り出された所で、その話ししていたらひょっこり顔を出して「わたしのことですか〜?」って愛嬌よく姿を見せてくれるかもしれませんよ?(いきなり窓が開いたのでビビったのは内緒ですw)

乞うご期待!!

個性豊かなスタッフによる漫画や解説が読めるのはここだけ。

見どころ8.季節の展示

季節によって見どころが変わるのも山の水族館ならでは。

鮭の遡上

鮭の遡上も簡易版で見ることができます。
あいにく動画では登っていく姿を捉えることはできませんでしたが、生命力を感じるシーンです。

鮭の稚魚の遡上

ちなみにこの漢字読めますか?【】と書いて「ほっけ」と読みます。

僕たちの食卓によく登場するほっけ。どうしてこんな漢字になったかというと、花のような華やかさがあるからとか。

 

季節によって展示物が若干変わるので、ぜひ自分の目で確かめに来てみてくださいね。

スポンサーリンク

 

周辺スポット

ちなみにここに来たのは阿寒湖と温泉に立ち寄る寄り道として来ました。
阿寒の鶴雅リゾートに宿泊してきたので、そちらの記事も併せてご紹介しておきます。

あかん遊久の里鶴雅はカップルにオススメ、車で行くブログ旅行体験記
カップル(夫婦)であかん遊久の里鶴雅に行ってきました。鶴雅のバイキングの食事は評判も良く、温泉も良いとってもいい場所でしたよ。こちらは阿寒湖があり、阿寒湖の景観もとっても素敵です。カップルや家族連れにオススメな温泉地ですので、是非あかん遊久の里鶴雅を訪れてみてくださいね。

道の駅おんねゆ

Twitter

道東という括りでは同じかもしれませんが、ちょっと離れていますがこちらも併せて寄ってみてはいかがでしょうか?

ワイン城にドリカム、DCT garden IKEDA池田町には魅力がいっぱい
北海道帯広にある【池田町】には【ワイン城】がある場所なのですが、他にはこれと言って有名なものがないのが難点でした…。でも、知る人ぞ知るミュージアムがあるのです。それが…【DCT garden IKEDA】です!ワイン城やドリカムの聖地という隠れた一面もあり、魅力たっぷりの合わせて訪れたい観光地をご紹介
雲海テラス以外には何もない?周辺観光地は果てしなく遠い所しかない事実について
トマムにある雲海テラス。 道民の人は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? でもトマムって北海道にありがちな【周辺に何もない】観光地です(笑) しかしながら、他では見られない景色が見られるのはトマムだけです。 雲海を見るだけの目的でも来るに値するところなので是非一度は訪れてみませんか?

北海道道東の旅をまとめた記事はこちらからどうぞ

2泊3日のオススメ北海道旅行。カップルのための帯広~釧路~知床(道東)編
今回は北海道道東エリアのオススメルートをご紹介。 帯広は酪農系が強く、北海道の野菜を堪能できますし、「モール温泉」という世界でも珍しい泉質の温泉があります。 釧路は道南エリアにも引けを取らない新鮮な海産物が楽しめます。 知床は世界遺産や北海道ならではの大自然の営みを肌で感じることができるのがオススメポイント。

まとめ

山の水族館のご紹介をしてきました。周りに何もありませんが、野菜の直売所や機械仕掛けの時計など見所はたくさんです。

冬には水面が凍るというここでしか見られない北海道ならではの風景も楽しめるので是非お立ち寄り下さいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

道民ユウト。旭川在住の人。

このブログでは僕が行ってみて良かった!!って感じた北海道の温泉地(客室露天風呂)・グルメ・車での移動情報をお届けします。

主に30代カップル・夫婦(子供なし)の参考になる情報を発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

Twitterやってます
道民ユウトの更新情報を受け取りませんか?
Twitterフォロー歓迎!! Twitterではたまにつぶやきと、記事更新時一番早く情報を受け取ることが可能です。 北海道好きな人つながりませんか?道民・内地民問わずおいでませー。
オススメ北海道旅行
道民ユウトオススメの客室露天風呂
思い出に残る客室露天風呂に泊まってみませんか?
僕がオススメしている温泉、客室露天風呂で一番衝撃を受けた温泉地がニセコにあります。 平日に泊まると宿泊料金が割安になって、なおかつ空いているのでオススメ。 一度泊まればもう他では満足できなくなるかも?
北海道民、ユウトをフォローする
道民ユウト@北海道の客室露天風呂マイスターが車で行く、北海道の楽しい旅&グルメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました