最北の海鮮市場はカニを安く買えると評判。種類も多く用途も多様に使えます

グルメ

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

カニ大好き道民ユウトです。

あなたはカニが食べたくなった時どこで買っていますか?
スーパー?ネット?

それとも行きつけの市場?

北海道だから知り合いから安く買うよ!
…とは普通いかないですよね(笑)

こちらの記事でも紹介しているのですが、最北の海鮮市場(saihok.jp)
ではカニの選べる種類が多く用途に合わせた購入の仕方ができると評判です。

今回は最北の海鮮市場で販売されているカニの種類についてご紹介していきますよ。

カニの種類について

ちなみにここで言う【カニの種類】とはズワイガニとか、タラバガニとかという
種類ではありません

一口に【カニ】といっても色んな形で販売されています。
例えば、

  • 姿
  • 足のみ
  • 爪のみ
  • ポーション

とがあります。
それぞれ特徴があるので聞き慣れないと思うので、説明していきますね。

スポンサーリンク

姿

【姿】とはその名の通りカニの身そのままのものを言います。
足だけとか胴だけ、爪だけとかではなく全体丸まんまの状態のことです。

言い換えると傷が一つもついていない状態で獲れなければいけないために、
どうしても価格が高めになってしまいます。

例えば、漁で足が欠けたりすると【姿】とば呼べません。
そのため、主に贈答用に使われます。

毛ガニズワイガニなどが主に姿で使われることが多いですね。
花咲ガニもあるにはありますが、あまりメジャーではありません(好みによりますけどね)
タラバガニとなると大きすぎるのが難点ですね。

足のみ

冒頭での記事でもオススメしているのがこちらの【足のみ】です。
いわゆる【ワケあり】とかでも紹介されている事が多いですね。

前項の姿とは違って例え足が欠けていても味には変わりはないワケです。
【姿】の場合はどこにも傷がない状態でないと商品価値がグッと下がってしまうのですが、
足のみの場合は多少折れていたとしても中の身がしっかりしてさえいればOKなので、
やや価格が抑えられているのが特徴です。

爪のみ

爪はカニの身の中で一番美味しいとも言われている部位です。
常に動かしている部分なので身が締まっており甘いのが特徴です。

カニ鍋などに使うと出汁が良く出てとても美味しい鍋に仕上がります。
また、焼いても絶品です。

部位的に人気が高いのでそれなりの値段になりますが、こちらも足のみと同じで
やや価格が抑えられる傾向にあります。

ポーション

通常は殻が付いている状態で送られて来るものですが、
こちらの【ポーション】はむき身の状態のものを言います。

使いやすい状態に予めなっているのでこのまま天ぷらにしても良いし、
鍋に投入するという風に使えるものです。

メリットとしてはゴミが出ないということ。
デメリットとしては殻がないので出汁が通常の物よりも出にくいということがあります。

スポンサーリンク

用途について

ではカニを買う時ってどんな時があると思いますか?
もちろん食べる時が大半なのですが、

大きく分けると

  • 贈答用
  • 自宅用

に分けられます。

贈答用

贈答用とくれば、当然自分ではなく相手への贈り物ですよね。
そんな時に用いられるのは【姿】をおいて他にはありません

そうなると価格はある程度高い方が贈られる相手は嬉しいですよね。
また、カニを入れている箱もそれなりの物に入れられるので、ちょっと位が上がりますよね。

自宅用

自分で食べるものとなれば贈答用とは違って重視するのは【価格】ですよね。
そういった場合の出番はやはり【足のみ】のものではないでしょうか?

多少折れていようが、欠けていようが自分で食べるだけなら
味に変わりがなければオールOK(笑)

スポンサーリンク

料理や食べ方は種類によりどういうものが適しているのか

先ほど種類には姿・足のみ・爪・ポーションなどがあるとお伝えしてきました。
ここではそれらの種類によってオススメの料理、食べ方が違うという事をご紹介します。

姿は基本的にはボイルされたものをそのまま解凍して殻を剥いて食べます。
これがオーソドックスであり一番美味しくいただける方法です。
絶妙な塩味がついているのでそのままいただけますね。

それ以外の食べ方ではやはりカニ鍋がオススメ
熱を通すことでより甘みがはっきり感じられますし、なにより出汁がめっちゃ出る。

更には雑炊と締めまで堪能できる。
一度で二度美味しくカニを楽しめます。

その他には、焼きガニでしょうか。
炭火であぶって食べるも良し、フライパンで熱を通してバターと絡めるも良し。
思わずよだれが出てきそうになりますね。

ポーションや爪の部位を使って美味しいのが天ぷらです。
特にポーションの場合は余計な殻が付いていないのでそのまま揚げたてをパクリ!!
というのが贅沢な食べ方ですね。

まとめ

いかがでしたか?一口に【カニ】といっても様々な種類がありますし、
カニの状態(姿・足のみ)でも全然違ってきます。

用途に合った種類を選ぶことで美味しいカニを安く、またさらに良く見せることができます。
この記事があなたの快適なカニ選びの一助となりますように。

道民ユウト
道民ユウト

最後に道民ユウト的オススメをご紹介しておきます。

カップル・夫婦二人であれば【姿】ならば 毛ガニ570g前後がオススメ。
またカニ鍋や天ぷらなどならズワイガニ1.5kgがオススメです。

家族が多い(4~5人)のであれば、
【姿】の船上凍結毛ガニ姿3Lサイズ(1.2kg以上)を一つか、
船上凍結毛ガニ姿Mサイズ(600g前後)を二つといったところでしょうか。

またカニ鍋や天ぷらなどなら【折れBOX】本ズワイガニ切足3kg箱をオススメします。

そして、忘れちゃいけないのがカニを捌くはさみです。
普通のキッチンはさみでも良いのですが、殻が固いので結構力がいるために
持ち手の部分がちょっと大き目のはさみの方が使いやすいですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました