函館観光する際に車で移動する場合の周辺駐車場と見どころについてご紹介

オススメ旅行

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!旅行と言えばもっぱら車移動の道民ユウトです。

北海道の観光名所(3第都市)と言えば、札幌・函館・旭川と言われています。
特に函館は港町として有名です。
港町というのはとても風情があっていいですよね。

北海道では小樽・函館がそれに当たります。
札幌からは程よい距離に位置しているので、羽田からであれば新千歳空港からのアクセスが良く、
道内外の観光客にも非常に人気が高いです。

今回は函館に車で行く際にポイントとなる周辺観光スポットと、駐車場について書いていきます。(車をオススメする理由は後程ご紹介)

よろしければ関連記事として2泊3日の函館旅のプランも別記事で書いてあるので参考にしてみてくださいね。

函館観光名所について

函館の観光名所と聞いてまずパッと浮かぶのが、

  • 朝市
  • 函館山
  • 函館五稜郭公園(タワー)

ではないでしょうか。今回はこの三大観光名所について車で行くという条件で書いていこうと思います。

函館旅行は車移動が便利

なぜ車で行くことをこれほど強く推すのかというと、
車でないとフットワーク的にしんどい

というのが最たる理由だからです。
都市部と違って北海道は公共交通機関が未発達なため、移動しようとするとどうしても
時間と交通機関のタイミングが合わないということが起こってしまいがちだからです。

北海道を走るにはどんな車がいいか、気を付けるべきことなど詳しい記事はこちらに書いてあるのでよろしければどうぞ。

以上のことを踏まえてやっぱりレンタカーを使いたいなーと思った方はこちらからどうぞ!
↓↓こちらの画像をクリックして詳細を確認する↓↓

全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

スポンサーリンク

観光名所1.朝市

さて、函館(北海道)と言えば新鮮な海産物ですよね?
その新鮮な海産物が一堂に会する場所と言えば、函館朝市です。
(クリックすると楽天の詳細画面に飛びます)

函館に来たからには、イカと海鮮丼を食べずに帰るなんてありえないくらいの衝撃がきっとあなたを手ぐすね引いて待っている事でしょう。

道民でもこれほどの新鮮な海産物を食べられるのは小樽などの港町くらいのもの。
僕が住む旭川でも内地(本州の事)から比べるとかなり鮮度は高いと思うのですが、
函館はまた別格です。

函館朝市の信用と秩序を保つ連合会推奨店看板・あさいっちゃん推奨店看板(あさいっちゃんマーク)を掲げている連合会および渡島蔬菜農業協同組合加盟店による約150店舗によって運営されているお店の総称。

営業日は基本的には年中無休(ただし、店舗毎に異なります)
1月〜4月 6:00 ~ 14:00過ぎ(ただし、店舗毎に異なります)
5月〜12月 5:00 ~ 14:00過ぎ(ただし、店舗毎に異なります)
出典:函館朝市公式サイト

基本的には朝市というくらいなので開始時間も早ければ終わる時間も早いです。
早めの朝ごはんという位置づけで来ないとすでにお目当ての海産物が売り切れているなど思わぬ事態に(その他、時化”しけ”など海の状況によっては船が出せずに魚が手に入らないということも)遭遇する可能性もあります。

実際に僕らはその時化の影響でイカが食べられませんでした。
その時の残念な様子はこちら。

事前にお目当てのお店を決めておくとスムーズに行けると思います。
とは言っても、これだけの店の数だとどこが良いいのか判別がつかないと思います。
なので、僕が以前行ったお店を紹介しますね。

あけぼの食堂

以前に訪れたお店をご紹介します。【函館朝市のページはこちら

【あけぼの食堂】位置:A-11(どんぶり横丁市場)

ここで食べたウニの味は忘れません!
バフンウニと通常のウニを選択できます(バフンウニは多少割高です)

それともう一品ということで頼んでホタテのバター焼き。
これがもう絶品でした!!(写真がないのが残念)

スポンサーリンク

(らーめん)旭

函館ラーメンは塩がオススメです。
僕が行ったのは【(らーめん)旭】位置:A-15(どんぶり横丁市場)

当時の写真が残っていなかったのでTwitterからお借りしてぺたり。

このお店とは違いますが、かなり昔のこと、「イカラーメン」なるものがありました。
普通想像するイカの量はせいぜいチャーシュー程度の量ですよね?
ところが、その店は(今はやっているかも分かりませんし、ネットが普及する前に行ったお店だったので詳細不明です)なんと!イカが一杯乗っているというシロモノ!!(笑)

思わず、「なんじゃこりゃ!?」と声が出ました。
そんなお店がどこかにあるかもしれません…。

もちろん、僕が行った場所の他にも美味しいお店が乱立しているのが函館朝市です。
是非あなたのお好みのお店を発掘してくださいね。

ちなみに、函館朝市について書いた記事もあるので、そちらも合わせてご覧くださいね。

観光名所2.函館山

函館山についてはもう説明するまでもないくらい有名ですよね。

【百万ドルの夜景】と言えば一度は聞いたことくらいありますよね!

ちなみに、百万ドル(約1億円)の夜景の由来はその名の通り、夜景を作るための電気代が一晩で1億円くらいかかったというのが有力な説。

世界三大夜景のひとつに数えられる(今では他のも出てきているので詳しくは書きませんが…)夜景を一目見ようと観光客が毎年数多く訪れるスポットですね。

函館山ロープウェイについて詳しく知りたい場合はこちらから

函館山ロープウェイ公式サイト

アクセス

車で行くなら無料の駐車場があります。

まずは「函館山ロープウェイ山麓駅」まで行きます。

駐車場
■市営観光駐車場 58台(バス15台・一般車43台)
■ロープウェイ駐車場 一般車85台
■山頂駐車場

※山頂駐車場 山頂には一般車(マイカー)と大型バスを停める駐車場があります。

市営観光駐車場は、大型バスがメインとなり、日没と同時に混み合うことが予想できます。

駐車場は、平日でも夕方から満車状態となるので、市電・バス等のご利用をオススメされていますが、以前僕が行った時には結構余裕で停められたような…。

(もちろん曜日や休日など条件が変わったりもしますので早めに行くことをオススメします)

ロープウェイ営業時間

4月25日~10月15日 10:00(始発 )21:50(上り最終) 22:00(下り最終)
10月16日~4月24日 10:00 (始発 )20:50 (上り最終)21:00(下り最終)

◆乗車時間は約3分間です。
◆営業時間は天候等により変更になる場合があります。

ロープウェイ運賃表

大 人(中学生以上) 1,280円(往復) 780円(片道)
小 人 640円(往復) 390円(片道)
0〜2歳までの幼児は無料。3歳以上の未就学児は大人1名につき1名無料、
2名からは小人扱い。
障がい者割引は一般個人乗車券を手帳提示のうえ現金で購入される場合のみ、
ご本人と大人付き添い1名が割引の対象。

はこだて夜景フルコース

施設内で見られる夜景のスクリーン投影版です。
より奇麗に夜景が堪能できるかも?

高精細カメラがとらえた、今まで見たことのない夜景が大スクリーンに広がります。旅のメインディッシュ「函館夜景」のすべてを、ごゆっくりとお楽しみください。

上映時間
毎日昼12:00~20分間隔で上映

◆館内混雑状況、イベント、メンテナンスなどにより上映を終了する場合あり。
(座席160席)

料金

大人・子供両方とも100円です。

オススメ散策方法

昼に来るのであれば、先に駐車場に停めておいて先ほどのシアターを見たり、二十間坂を散策したりできます。散策中にお団子屋さんやお土産屋さんなど新しい出会いもあるので思わぬ発見もあります。

そして、日が暮れたころにロープウェイで登ってから夜景を楽しんで帰るというパターンもできます。

あくまで、今回のパターンは【車で行く】といことを主軸としているので、バス移動の場合は当てはまりにくいかもしれません。

スポンサーリンク

観光名所3.五稜郭公園

続いては、五稜郭公園です。こちらは五角形に見える景観が有名ですよね。

DSC_0019_1

DSC_0020_1

この公園は春には桜が咲き乱れる場所としても有名です。

桜はさすがに期間限定なので、その時期を狙って行かないと見られませんが、
見所スポットとして有名なのが五稜郭タワーからの景観ですね。

五稜郭公園についての情報はこちらからどうぞ
五稜郭タワー公式サイト

営業時間

4月21日〜10月20日 8:00 〜 19:00
10月21日〜4月20日 9:00 〜 18:00
五稜星の夢期間中(冬季) 9:00 〜 19:00
1月1日(初日の出営業) 6:00 〜 19:00

となっています。
初日の出を見られる時間帯にもやっているんですねー。

これは僕も知らなかった事実でした(笑)
函館に年末をまたいで泊まって五稜郭タワーから初日の出を見るなんてのもオツですね。

駐車場について

周辺には無料で停められる駐車場がありません
なので、以下のどちらかの駐車場を利用する必要があります。

  • 函館市芸術ホール駐車場
  • 函館市五稜郭観光駐車場
駐車場1.函館市芸術ホール駐車場

215台収容・乗用車専用の一般有料駐車場です。
出入口は3ヶ所(A:ときわ通り側、B:道立函館美術館裏側、C:五稜郭病院駐車場側)で、24時間利用できます。料金は1時間まで200円、1時間以降は30分毎に100円ですが、芸術ホール、北洋資料館、道立函館美術館の利用者については2時間まで無料となります。各施設窓口で駐車券に認印を受けてください。

また、事務室側入口に5台分の身体障がい者専用駐車場を用意しています。こちらの駐車料金は無料です。

地図はこちら。

駐車場2.函館市五稜郭観光駐車場(オススメ)

僕が行った時はこちらの駐車場を利用しました。
歩いてすぐの場所にあるというのが利用しやすかったからというのが一番の理由です。

地図はこちら。

写真の奥の方の林からすぐが五稜郭公園の敷地内です。

広場式で乗用車97台収容、24時間利用可で1時間まで200円 30分毎100円加算
(予約は不可。というかそこまで混まないです)

展望料金

大 人 900円
中・高校生 680円
小学生 450円
(すべて一般)となっています
※平成29年(2017年)4月1日より、料金が改定されています。

意外と?高いかもしれませんね(それでもスカイツリーに比べると割安?)
上にはお土産もの(ご当地物)も揃っているので登った際には忘れずにチェックしてみてくださいね。

五稜郭タワーに登っている時の感想ですが、
夏の暑い時でも上空は涼しい…かと思いきゃ
意外と室内は暑かった…。

そして、北海道観光地あるあるなのか、どこでもメロンが売っているのはなぜだろう…(笑)
こんなところで買っても持ち運びが大変だと思うのだが…(笑)
地方発送もしてくれているようですが、どうせ買うなら安い方がいいですよね。

話は変わりますが、メロンが気になった方はこちらをどうぞ(笑)

話を戻すと、五稜郭タワー内のエレベーターではエレベーターガールがご案内してくれます。

頂上に着くとガラスの床があるところがあります。
恐る恐るガラスの上に立ってみた図がこちら。

こちらは床の下がガラスになっている場所で撮った動画です。

ちょっと飛び跳ねてみました(笑)

床がガラスになっていてひょっとしたら歩くタイミングで穴が開くんじゃないかとヒヤヒヤしますね。

オススメ土産

僕が函館に行くと必ず購入する地ビールをご紹介させてください。
函館は大沼ビールというのが有名で、美味しいのは瓶詰のもの。

どうしてかコーラでも瓶入りのものは美味しく感じますよね。
函館まで来たら是非、この大沼ビールも味わってみてください。
お土産としてもオススメだし、喜ばれますよ。

 

車で移動して来てやっと一息(酒が飲める)つく時に是非、ご当地の地ビールを楽しんでみてくださいね。

オススメ宿泊場所

函館を満喫するにはやっぱり宿泊も込みでないといけないですよね。
ちなみに旭川から函館まで移動するとなるとその距離たるや450km超え(笑)
とてもじゃないけど、往復なんてできません。

先ほど紹介した大沼ビールを楽しんだり、函館を拠点として函館朝市に行ったり色々観光したりするのに、オススメなホテルをご紹介。

オススメホテルその1

こちらのホテルは街に近くアクセスが良いのでオススメです。
朝市へは歩いて5分と好立地!高層階からは夜景も楽しめるので、一度で二度おいしいホテルです。

ラグジュアリーホテルをご紹介です。一度は泊まってみたいホテルの一つ、望楼NOGUCHIです。
是非、記念日や最高の旅の思い出にどうぞ!!

こちらは湯川(ゆのかわ)温泉という温泉地のホテルです。
ここは街からは離れているのでゆったりとしたホテルステイが魅了です。
高級感もあり、町から離れていることで夜景もより一層綺麗に見えますよ。

周辺スポット

道内でも道外からならばなおさら、函館まで来たのであれば、周辺まで北海道を味わい尽くしていって欲しいと思います。

函館周辺の観光スポットも合わせてご紹介しておきます。

松前城

松前城の愛称で親しまれているが、正式名は福山城。
安政元(1854)年に築城された、日本最後にして最北の日本式城建築。
現在の天守閣は昭和35(1960)年に再建された歴史あるもの。

北島三郎記念館

北島三郎歌ひとすじの人生、成功までの軌跡と臨場感溢れる音響、大型スクリーンでのライブ映像を交えた、体験型記念館です。

ちょっと離れた場所ですがこちらもオススメ

関連記事

冒頭でも書きましたが、北海道の中でも函館は人気のスポットです。
北海道旅行を計画する時に大体2泊3日を予定していることが多いそうなので、
2泊3日で旅行するプランをいくつか記事にまとめてみました。

よろしければご覧くださいね。

1.札幌~旭川。一番人気の道央~道北ルート

2.帯広~知床。不動の人気道東ルート

3.洞爺湖~函館。道南ルート

まとめ

さて、今回の記事では函館に車で行く際のランドマーク的な観光名所について書いてきました。

僕ら道民は函館といえば、修学旅行で必ず行く「トラピスチヌ修道院 」とかが思い出されるのですが、大人になっても函館山の夜景は心に響く景色です。

函館は港町ということもあって、食・景観・風土などが一味違っています。
歴史的にも有名な建造物が立ち並び、昼も夜も見どころがいっぱいな函館に是非遊びに来てくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

道民ユウト。旭川在住の人。

主に車で移動し、北海道北海道の温泉地(客室露天風呂)や時々海外旅行ついても情報をお届けしています。

詳しいプロフィールはこちら

Twitterやってます
道民ユウトの更新情報を受け取りませんか?
Twitterフォロー歓迎!! Twitterではたまにつぶやきと、記事更新時一番早く情報を受け取ることが可能です。 北海道好きな人つながりませんか?道民・内地民問わずおいでませー。
オススメ旅行 温泉旅行 グルメ 駐車場情報
道民ユウトオススメの客室露天風呂
思い出に残る客室露天風呂に泊まってみませんか?
僕がオススメしている温泉、客室露天風呂で一番衝撃を受けた温泉地がニセコにあります。 平日に泊まると宿泊料金が割安になって、なおかつ空いているのでオススメ。 一度泊まればもう他では満足できなくなるかも?
北海道民、ユウトをフォローする
道民ユウト@北海道の客室露天風呂マイスターが車で行く、北海道の楽しい旅&グルメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました