海外旅行に安心して行くための荷物で持って行くべき鉄板アイテムたち

オススメ旅行

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!海外旅行大好き道民ユウトです。

海外旅行に行く際に注意しておきたいことがあります。

それは食事・気候・コミュニケーション・通信環境など海外ならではの問題ですね。
海外へ行っても日本と同じように過ごしたいというのは若干ワガママかもしれませんが、
多くの日本人観光客が考えてることかもしれませんね。
そこで、僕が海外旅行へ行くときに便利に過ごせるようにと、用意しているものをざっとご紹介していきたいと思います。

こんな人にオススメ・読んで欲しい
  • 安心して海外旅行に行きたい人
  • 海外旅行の経験が少なくて何を用意して行ったら分からない人
  • 日本で過ごす環境にできるだけ近づけたい人
  • できるだけ現地での出費を抑えたい人

海外旅行で困る4つの問題

  1. 食事
  2. 気候
  3. トイレ
  4. 通信環境

海外での環境で一番困ること、それは多分ダントツで【食事】ではないでしょうか?
普段食べなれない高カロリーな食事に悩まされたり、口に合わない、食べ飽きるなどの問題が出てきます。

正直これは避けられない問題なので日本から食べ物を持参して対処するしかありません。
後程僕が海外旅行へ行くときに必ず持って行くものをご紹介したいと思います。

続いて、同じ食事の中でも必須なものと言えば、【水】です。
日本の水は「軟水」と呼ばれるものですが、場所によっては「硬水」しかない所もあります
(タヒチなどフランス領ではエビアンに代表されるように硬水です)

飲みなれない水や現地の水を飲んでしまうと旅行中に下してしまうなど大変な目に遭いますからね。

次に通信環境ですね。
コミュニケーションでも今やGoogleさんに頼れば翻訳も音声で行ってくれる時代です。
しかし、必要な時に限って買い物している出先や部屋などの電波環境が悪いところでは使い物にならなかったりという経験が僕にはあります。

お土産でいいものを見つけてもその場で写メを送って見せられない、
友達に頼まれていても要望に応えられなかったなどですね。

これらを解消するためのオススメグッズを以下にご紹介していきますね。

スポンサーリンク

困りごと1.食事

日本食が恋しい!!と大抵の場合はなるハズです。
ハワイやアメリカ圏では必ずと言っていいほど量が爆裂です(笑)
ハンバーガーやステーキも最初は美味しいけれど続くと飽きます。
そんな時に用意しておきたいのが「カップラーメン」ですよね。
これぞ日本のソウルフード。

オススメはちょこっとサイズ。これは持ち運びに対して重きを置いているので、
「もっとしっかり食べたい!」という場合にはこちらをどうぞ。

続いて日本のおやつですね。甘じょっぱいものが食べたくなります。

やっぱりせんべいもソウルフードですね。

ついつい食べちゃう柿の種

そして、忘れてはならないのが【水】ですね。
カップラーメンを食べたり、お茶を入れたりするのにも必要です。
海外では清涼飲料水よりも真水の方が高い傾向にあります。
何かと必要になるので、制限重量を超えない程度に準備しておくと安心ですよ。
(帰りは減りますし)

お茶も日本の心ですね

注意しておきたい荷物の重量制限について

ここで気を付けていただきたいのが、【荷物の重量制限】です。

スーツケースの重さはエコノミークラスで23kgまでです。

これを少しでも超過しているとチェックインカウンターでたくさんの人が見ている前で荷物を大開帳しなければいけないことになるので事前にしっかり計っておきましょう。

ちなみに、僕は6泊8日の旅で持って行ったのは水(1.5L×3本)とお茶(1.5L×1本)これだけでも実に6kgにもなります(一人分)

暖かいところへ行くのであれば服はそんなに必要ないので入るでしょう。 帰りの荷物の方がお土産を入れても軽いかもしれません。

海外では日本の感覚で水を買おうと思ったらエライ目に遭います。
まだ日本の消費税は高いと思っても10%です。 しかし、諸外国の消費税(税金)は15%とかザラですからね。

ちょっとコンビニで買い物のつもりでレジに行くとかなりの金額になっていたなんてよくある話。 湯水のごとくなんてたとえもありますが、そういう細かい所から節約していかないと、いざ精算の時に後悔しますよ。

スポンサーリンク

困りごと2.気候

多分海外は日本に比べて温暖な地域が多いと思います(湿度は低めでも)
そこで、露出が多くなるわけですが意識しておきたいのが紫外線と虫刺されですね。

僕らの旅行でとっても重宝したがこちらの虫よけ。
部屋に帰ってきてからプシュッと1プッシュするだけで虫が来なくなりました。

山でも海でも虫は寄ってきます。 部屋の中での対策は完璧でも、一屋外に出たら知らないうちに刺されていることもしばしば。 意外と虫除けには神経を尖らせていても、虫刺され後の処置には気を抜いている場合もあります(僕らがそうでした) そんな時にはこいつの出番ですね。

腹痛(下痢止め)や風邪の薬を持っていくことはあっても意外と忘れがちなのがこちらの虫刺され薬。かゆいのを我慢するのも大変なので、持っていきたいですね。

困りごと3.トイレ

日本には叡智の結晶とも言うべき、至宝の『ウォッシュレット』が完備されていますが、ホテルのグレードが良くても海外ではないところもまだまだ多いです。

一部のラグジュアリーホテルには付いているところもありますが、ハネムーナー憧れの水上コテージにはありませんでした。

と、いうことでオススメグッズは100均でも買える

*ハンドウォッシュレット
現地の水を入れて用を足した後に洗うことができます。
これ意外と便利です。
*便座シート
こちらは便器の座る部分に貼り付けて使用します。
帰りはそのまま捨てていくことができるので、荷物にもならないのでオススメです。
上記の2つのアイテムがあると安心してトイレタイムを過ごすことができますよ。

スポンサーリンク

困りごと4.通信環境

日本の空港ではSIMカードをよく売っているのを見かけますが、これはSIMカードフリーのスマホでないと使えません。
日本ではSIMフリーのスマホを選ばないと(一部iPhoneがapple社直販で手に入るようですが)SIMカードフリーのスマホがほとんどないためSIMカードを差し替えて使うことができません。
SIMカードとは?:携帯電話で使われている、加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードのこと。最近ではキャリア(ドコモやauなどの携帯電話会社)のスマホでも解除して他の会社のSIMカードを入れ替えて使用可能になっている。
本来ならその国に合ったSIMカードに替えるだけで事足りるのですが、通信事業者の利益のために僕らの利便性が失われているんですよね。
それはさておき、できないものはしょうがないのでできることから考えますと、
旅行では現実的に海外で通話はほとんどしない、仮にしてもアプリでできるもので代用できるので通信手段さえ持っていれば対応できます。
大抵はホテルの中や部屋の中にはWi-Fi環境があるので(電波は悪め)それで我慢するのも一つ。
でも、その場で撮った写真をSNSにアップしたりしたいですよね?
そういう場合に活躍してくれるオススメアイテムがこちら、
↓↓↓こちらをクリック↓↓

外国語ができなくても、Googleさんに翻訳してもらうことも通信環境さえあればできるので言葉が通じないというストレスも大分軽減されますね。
トラブルや質問がある時にも翻訳してもらったり、メモにしたりと使えますから。
場合によっては音声でやり取りできるツールもありますよ。
↓↓こちらをクリック↓↓

ビーチリゾートに持っていくべきアイテム

続いて海外ではアクティビティーなどにも積極的に行きますよね。
僕らはここで致命的なミスを犯しました。

それは…スマホの防水対策を怠ったこと

特にビーチリゾート(過去にグアムに行ったことがあるのですが、その時に忘れてとても悔しい思いをしました。防水さえしていればあの時も動画を撮れたし、そのチャンスにも写真を撮れたのに…!!)

防水対策にオススメ

ステキな旅の思い出とそれらを彩る写真はもはや必須のアイテムですね。
水辺でのスマホの撮影は防水加工がしてあるとはいえ、海ではなるべく海水には浸けたくないもの。
そこで、一度買っておけば暗所にしまって置けば悪くなりにくい素材の防水ケースはマストで欲しいところ。
*スマホ防水ケース

アクティビティーにオススメ

*自撮り棒

マリンスポーツに必須!

海では水中を泳ぐ熱帯魚を見たりするのに、絶対的な装備があります。
現地で借りられるとは言っても誰が使ったのか分からないものを使い回すのではなく自分専用の物を持って行きたいですよね。
大体リゾート地で買うと5000円を超える値段になっています。
*スノーケルグッズ

熱い砂浜やサンゴなどで足を傷つけないためにも足元を守るために必須ですよ。
実際に僕の父親がちょっとはしゃいで足を岩?壁?にぶつけて出血してしまい「しゅん」となっていましたので…(笑)

プライベートビーチやプールで大活躍!

また、髪が海水に浸かると後始末が大変ということから泳がない(潜水しない)場合や足が付かない沖の方での過ごし方に最適なアイテムはこちら
*浮き輪
こちらも借りられることがありますが、やはり自分専用の物の方が気兼ねなく使って部屋に持っていけるというメリットがあります。
一人一つあると便利でした。
意外とかさばるし、重いので重量制限に注意です

荷物がまとまらなくて困っている人にオススメアイテム

上記までに紹介したグッズや着替え、化粧品などを効率良く詰めなければなりません。
ガチャガチャしたものもあるとどうスペースをうまく活用できるかが課題ですね、単純に箱をでかくすれば入りますがまたまた忘れてはならないのが重量制限ですね。
オススメのスーツケースをご紹介します。
まずは、機内持ち込み用から。
海外での基準が厳しく厳格化されたのもあって昔は大丈夫だったけど今はダメなこともあるのでご用心。
荷物が多くなってしまうと挙動が悪くなります。ちょっとした段差に車輪が取られたり、思った方向に行かなかったりとイライラしますよね。

そんなお悩みを解消してくれるスーツケースがあるんです。これがこちら

*間仕切り小物入れなど旅行のことに関してはこちらのサイトにちょうど良いものが載っているのでご紹介。
↓↓こちらをクリック↓↓


機内で快適に過ごすためのオススメアイテム

目的地までのフライトがどうしても長くなってしまうのはもうちょっと仕方ありません。 なので、どうやったら快適に機内で過ごせるか?がフライトでは大事なことです。

機内で気になるのが

  • むくみ(エコノミークラス症候群)
  • 楽な姿勢がとれること
  • 機内の乾燥

ですよね。

機内を快適に過ごせるオススメグッズもご紹介しますね。

*100均スリッパでももちろんOK

足元が締め付けられているとリラックスできません。
我々日本人は家に入ると靴を脱ぐのが基本。でも、目的地に着くまででは靴を履いたままなので、少しでも負担を減らしたいですよね。

*ネックピロー

長時間のフライトだと寝て過ごすのが一般的ですよね。
でも、頭がゴツゴツしていると快眠は得られないし、疲れてしまいますね。
首を安定させてゆったりとした時間を過ごしましょう。

*乾燥対策のスプレー

機内で困ることとといえば【乾燥】ですよね。
閉鎖空間なのとエアコンがガッチリ効いているので口が乾燥してきてしまいます。

そうすると風邪を引きやすいし、肌がカサカサになってしまいます。
むこうでは日焼け止めも塗るし、なるべく肌への負担は減らしたいですよね。

*フード付きのパーカー ここまでのものでなくても機能的なものならばOKです。

こちらのパーカーが優れているのが【フード】フード内にイヤホンを通す穴が開いていたり、音を防止してくれる機能までついているそう。

また、厚手なのでゆったり着られ身体を楽にしてくれます。

*着圧式の靴下

僕は男で筋肉もあるので、むくみはほとんど感じたことはないのですが、
むくむと辛いみたいですね。

僕の母親や妻はなるべく水分が下がってこないように着圧式の靴下を活用しているようです。あるのとないのとじゃむくみが違うようです。

番外編でボール

これは品川庄司の庄司さんが言っていたんですが、空気を緩めに入れて首に当てたり、抱えたりするとリラックスできるという話なので是非試してみてくださいね。

海外旅行には保険は必須

上記は持っていくアイテムたちでした。
海外旅行に持っていきたいもう一つのモノは【安心】ではないでしょうか?

何事もなければそれに越したことはないし、万が一のことを考えると入っておきたいのが海外旅行保険ですよね。

詳しくはこちらにまとめていますので、是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

海外旅行では普段住み慣れた環境から大きく変化した環境を楽しむのが醍醐味ではあるのですが、あまりにかけ離れすぎるとストレスを感じますよね(笑)

まさにないものねだりなのですが、
海外でも日本のものを持ち込んで安心できるということはあると思います。

ステイ先で日本食を食べたり、機内で快適に過ごすことだったり、
自分にとっての快適は何なのかをしっかり押さえることで海外旅行へ持って行く荷物のパッキングが決まると言っても過言ではありません。

重量制限もあるので、コンパクトにまとめるためにこの記事を参考にしてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました