宅配ボックスの問題点を知っておこう。6つの問題点とその対策について

お役立ち情報

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!道民ユウトです。

あなたの家には宅配ボックスが設置されていますか?
仕事が忙しくて遅くに帰ってくることや、
ちょっとトイレに入っていて出れなかったとか(笑)
留守にしている時に限って荷物が届くなどで受け取れないケースってよくありますよね。

そんな時にマンションでも戸建でもあると便利なのが宅配ボックス。

宅配ボックスがどんなものなのか?について前回記事を書きました。
これがこちらですね。

宅配ボックスは主に不在時に荷物を入れていってくれることによって、
再配達の数を減らすことに貢献できたり、
わざわざ再配達の電話をかけずに良かったりするという点で両方にメリットがあります。

では、宅配ボックスを導入しようと思っている場合どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

6つの問題点とその対策について書きました。

スポンサーリンク

宅配ボックスの6つのデメリット

メリットもあればデメリットもあるのが世の常。
普通に考えていては中々ないようなことも自分の経験であるのでお伝えします。

  • 宅配業者が宅配ボックスに入れてくれない(誤配達・盗難・引継ぎ不足・連絡不足)
  • 使う側のマナーの悪さ
  • 管理費(コスト)が高くなる

宅配ボックスに入荷物が入っていない場合

宅配ボックスを導入して一安心。「よし!これで不在でも荷物を受け取れるぞ」
と思っていても意外な落とし穴があるようです。

一見して「マジか!?」となるようなこともあるのでご一読くださいね。

実は配達物を宅配ボックスに入れることで起きるトラブルがあるって知っていました?
それが、

  • 誤配達
  • 盗難トラブル

です。

デメリット1.誤配達

例えば違う部屋に誤配達してしまい、それが原因で紛失や盗難が起きたり、
配達物の外装はあるのに中身だけ抜き取られていたりするケースです。

誤配達された場合は受取人にはそれを知る術がありません。
隣にどんな人が住んでいるのかすら知らない世の中では、確認のしようもありませんし、
悪意をもってしらばっくれられたらそれで終わりです。

届くはずのものが届かないという場合であれば、
宅配会社が宅配ボックスに入れた時の記録番号で照会が可能です。

デメリット2.盗難トラブル

次に盗難のケースですが、どこからか暗証番号を手に入れた悪い輩が盗むという事例
報告されているそうです。

今回紹介するケースは受け取り側に問題があるケースだったのでもし利用するのであれば
注意しておきましょう。

このケースで被害に遭った場合、
宅配業者は暗証番号を不在連絡票に記入して集合郵便受けに入れておく方式でした。

道民ユウト
道民ユウト

まずここで暗証番号をポストから取られるというのが一番の問題かと。この場合は受け取る方が問題の割合が高いと思います。

まず、盗人は鍵の掛かっていない郵便受けにある不在連絡票を物色。
不在連絡票があれば、その住人は留守で宅配ボックスに荷物が届いていることが分かります。

後はその入手した暗証番号を入力して、
本来の受取人が荷物を出す前にかすめ取ってしまうということがあったようです。

こうしたトラブルを防ぐため、宅配会社や配送を依頼する企業によっては
「宅配ボックスへの投函不可」としているところもあるようです。

デメリット3.引き継ぎ不良

これは家で経験したことですが、
今まで宅配ボックスに入れてくれていた荷物がある日突然届かなくなったんです。

問い合わせをしてみると…
「ああ、そのエリアは最近配達員が変わったんです」の一言。

道民ユウト
道民ユウト

引継ぎしてないんかーーい!!

と思いました。実際にこれがあったのは日本郵便です。

電話したおかげでまた入れてくれるようになりました。

もしくは新規であなたが【宅配ボックスを導入し始めた】場合は
さすがに関係各所に連絡を入れておく必要はありますので、ご注意を。

スポンサーリンク

デメリット4.使う側のマナーの悪さ

宅配ボックスを設置したとしてもマナーが悪い場合は、
配達員が嫌がって入れてくれなくなる場合もあるのでご注意。

宅配ボックスの数が全戸数と比較して明らかに少なく、すぐに荷物がいっぱいに
なってしまう場合は宅配業者が結局営業所へ持ち帰ることになるため、
結局再配達依頼をせざるを得ないケースです。

さらには、一部の住人が個人ロッカー代わりに占拠して大量の荷物を保管してしまい、
他の住人宛の宅配物が入れられないなどのトラブルがあります。

この場合は宅配ボックスの会社に問い合わせても解決しないので、
これらは使う側のモラルに依るところなので、協力し合って使っていく必要がありますね。

デメリット5.管理費(コスト)が高くなる

また、利便性が高い分、宅配ボックスがない賃貸物件と比較すると
管理費が上乗せされて高くなっているケースもあります。

このケースは主にマンションタイプ(しかも大容量で電気式)に当てはまります。
もちろん電気式なので、停電時は使えなくなるのも覚えておきましょう。

正直設置費用や維持費がかかる分(マンションタイプ)管理費が、
宅配ボックスがないところと比べると割高になるのは仕方ないです。

コストをかけないで設置する方法もありますが、セキュリティー面で若干の不安もあります。

デメリット6.そもそも宅配ボックスには入れられないものもある

代表的なのが書留、代引き商品、宅配ボックスに入らないものです。
生鮮食品の場合もNGです。

宅配ボックスも万能ではないということも覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

宅配ボックス導入を考えているあなたにオススメ

戸建て用とマンション用のものがあります。ピンキリではありますが、
まずは情報収集から検討してみては?

戸建用

戸建用でオススメなのがこちら。

  • ネコポス用の投入口を搭載
  • 50リットルの大容量
  • 「亜鉛メッキ鋼板」で耐久性が高く、防サビ・防水仕様

という仕様でペットボトル9本入りの段ボール箱がすっぽり入るサイズです。
36×48cmなので余裕があります。

また重さも5.8kgあり、容易には運べないので盗難防止にも威力を発揮します。

マンション用

マンションにはこちらがオススメ。

電源不要、電池式で経済的!

液晶表示と音で入力番号(桁)が確認可能
視覚と音で設定できるので、4桁数字設定ミスが無くなります。

オートスタンバイ機能
開扉・閉扉・施錠・解錠状態で、操作停止後一定時間経過すると電源がOFFになり、
自動的に節電モードになります。

イタズラ防止機能
暗証番号を「4回」続けて誤った操作をすると、ブザーで警報後に約1分間利用停止になります。

電池切れお知らせ機能
電池の容量が少なくなると、画面に電池マークが表示されます。

非常解錠機能
万一、暗証番号を忘れた時や電池切れで解錠できない場合等も、
非常開錠用キー(扉ごとに異なる)を使って解錠できます。

まとめ

仕事の在りようが変わってきている現代。
一般的な配達時間に家にいられないというケースも増えてきています。

受け取りたいのに受け取れないという場合もあるので、こういった宅配ボックスのシステムはとっても重宝しますよね。

最近では駅のロッカーに配達してもらって宅配ボックス代わりに使うこともできるようですが、仕事の帰りに重い荷物を持って帰るのは面倒くさいですよね。

近くのコンビニ受け取りも可能なので、そのように設定するのも良い方法ですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました