氷瀑まつりに行くなら朝陽亭がオススメ。冬の層雲峡温泉の楽しみ方

オススメ北海道旅行

スポンサーリンク

道民ユウト
道民ユウト

どうも!道民でも寒さには勝てない道民ユウトです

冬の北海道といえば雪、そして氷の織りなす世界がキレイな層雲峡(そううんきょう)温泉の
氷瀑まつり

層雲峡温泉 では毎年氷瀑(ひょうばく)まつりという極寒の中催されるお祭りがあるのですが、
道民からしてもかなり寒いと評判のお祭りです。

北海道の寒さを体感したい方、氷瀑まつりにまだ参戦したことがない方、
層雲峡に来たついでに、など楽しみ方は色々です。

今回は層雲峡温泉と氷瀑まつりにフォーカスしてご紹介していきます。
層雲峡温泉と氷瀑まつりの情報は楽天旅ノートを参照しています(クリックすると楽天に飛びます)

こんな人にオススメ
  • 冬の北海道の寒さを体験してみたい人
  • 層雲峡温泉に宿泊する人
  • 氷瀑まつりを目的に行く人

層雲峡温泉

層雲峡温泉 は旭川からほど近い温泉地です。

住所はこちら

層雲峡温泉から一番近い都市が旭川なのですが、
ここまでの距離が車で一時間ちょっとくらいです(距離は70kmほど)

僕が泊まった朝陽亭もそうですが、層雲峡温泉街には送迎バスがあるのでそちらを利用しても
便利ですね。

スポンサーリンク

送迎バスについて

そして、こちらのホテルは送迎付きのものもあります(予約時にバスの電話予約が必要
電話番号は0570026572)

なんと、旭川からだけではなく、札幌からも無料送迎バスがあるので、ご活用くださいね。

札幌より

行き:札幌駅北口 12:00集合 朝陽リゾートホテル15:30着、層雲峡 朝陽亭15:40着
帰り:9:30発 13:10札幌駅北口着

旭川より

行き:スマイルホテル旭川14:30集合 旭山動物園15:10、朝陽リゾートホテル16:40着、層雲峡 朝陽亭16:45着
帰り:9:30発 旭山動物園11:10、スマイルホテル旭川11:50着。

旭山動物園へ寄りたい場合は旭山動物園で下車してもOK。
動物園から旭川駅までの直通バスもあるので、そこから帰る方法もありますよ。

旭川駅と旭山動物園をつなぐバスはこちらからご確認できます。
旭川駅~旭山動物園線時刻表

片道大人440円(子供は220円)

旭川空港~旭山動物園

片道大人550円(子供は280円)

道外から来る人、もしくは新千歳空港を利用する人必見

道外から来るのであれば旭川空港経由で来るのが一番オススメです。
なぜなら氷瀑まつりの開催期間中は新千歳空港の欠航が多いから

2月は冬の時期でも冬のお祭り開催期間だけあって気温も低く降雪量が多くなる傾向にあります。
そのため、便数や時間の都合としてはとても利便性の高い新千歳空港ですが、
発着に影響する場合が多いです。

そのため、旭川空港の利用をオススメしています。

理由についてはこちらからどうぞ。

バスで送迎もあるので、冬道を運転しないといけないなどの煩わしいこともなく大変便利です。

スポンサーリンク

氷瀑まつり

2019年の開催期間は1月25(金)~3月17(日)で開催される極寒を楽しむお祭りです。

2020年は1月23(木)から3月15日(日)までとなっています。

開催時間は14:00~22:00(2月4日~11日までは10:00~22:00)

会場はこちら

最近では入場料がかかるようになってしまった残念なお知らせがあるのですが、
施設維持のために払ってあげましょう。

300円(協力記念のポストカードとホットドリンク100円割引券を進呈)
だったのですが、2020年度は協賛金が500円に値上がりしています。
(甘酒付きに変更されています)
詳しくは氷瀑まつりHPでご確認ください。

氷瀑まつりのいわれは【あまりの寒さに滝も凍った】と言われることからその名がついたものです。
氷瀑まつりの会場の平均気温はマイナス15℃ほど。

平均気温ですよ?

どれくらい寒いかと言うと、濡らしたタオルをぶん回したらカチカチに凍ります
もう少し冷えるとコップに入れた水をぶちまけると白い結晶がパラパラ舞うような現象が見られます

氷瀑まつり内のイベントについて

氷瀑まつりの詳しい情報はこちらの記事にまとめているのでよかったらそちらも見ておいてください。

氷瀑まつりを歩く服装について

基本的にはスキーか冬山登山に行くような格好を想定してください。

つまり、ヒートテック上下に手袋、帽子に厚手の靴下、靴も温かいものにして、最後にウェアですね。

信じられないことですが、そのような環境の場所に冬靴ですらなく、ハイヒールにミニスカートで
会場を歩いている人がいました。

何度も転んでおりケガが心配でしたね…

もちろんホッカイロもあると安心です。

日帰りもできますが、身体が間違いなく冷えるので、ここは温泉で温まって行くのが正解かと(笑)

氷瀑まつりを暖かく過ごす楽しみ方

夜には花火が上がるので(20:30頃)それまでをどう過ごすかがポイント。
寒いのがどうしてもダメな場合はホテルで過ごすのも一つの方法だし、
防寒対策に身体の中と外から暖まってから参戦するという方法。

当然寒いのは夜ですので、ホテルチェックイン後にはまず温泉で身体を温めて準備しておきます。
(湯冷めには注意!!)

場合によっては軽くアルコールなどを入れておくと万全ですかね。
会場には旭川地ビールもありますので地元のビールで乾杯!!なんてのもステキですね。

あいにく画像が掲載されていないですが、
このような感じです。

肌を少しでも露出しておくと冷えてきますから、しっかり防寒対策して臨みましょう。
そして、帰ってきてから温泉にゆっくり浸かって身体を温めましょう。

スポンサーリンク

オススメホテルは朝陽亭

氷瀑まつりでは花火も上がります。この花火下から見るか?横から見るか?という問題もあります。

下から見るなら断然会場で見るのが一番。ホテルから往復バスも出ているので寒い中歩く必要はありません。

でも寒いのと会場まで行くのが億劫という場合には、ホテルの中から見られる場所があるのです。

朝陽亭では横から見る感じのホテルです。 厳密には高台にあるので、ちょっと上を見る感じでしょうか。 こちらの上の階の露天風呂からちょうど花火が見られるスペースが共有スペースにあって、寒い思いをせずに花火を見たい方にはうってつけの場所です。花火の時間には込み合うので、ご注意を。

周辺スポットについて

層雲峡温泉周辺にはさすがに何もないですが、レンタカーや自家用車でお越しの場合は周辺を周遊できるお立ち寄りスポットをご紹介しておきます。

上川(層雲峡温泉)周辺

スキージャンプの高梨沙羅選手の出身地でもある上川です。

旭川周辺

旭川寄りの観光地をご紹介していきますね。

こちらは同時期に開催されている限定イベントです。せっかく来たならば立ち寄っていきたいですね。

その他には【雪の美術館】アナ雪の世界観に近いと評判の隠れスポットです。

旭川グルメと言えばラーメンでしょう。

まとめ

冬の北海道を最大限に楽しむには極寒を体験するのが一番いいと僕は思っています。
他に暖かいところはいくらでもありますが、敢えて寒いところと言うのが北海道らしくていいですね

敢えての極寒を体験した後に温泉にゆっくり浸かって温まるこんな楽しみ方は北海道といえども期間限定ですからね。

氷瀑まつり是非楽しんでいってくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

道民ユウト。旭川在住の人。

このブログでは僕が行ってみて良かった!!って感じた北海道の温泉地(客室露天風呂)・グルメ・車での移動情報をお届けします。

主に30代カップル・夫婦(子供なし)の参考になる情報を発信していきます。

詳しいプロフィールはこちら

Twitterやってます
道民ユウトの更新情報を受け取りませんか?
Twitterフォロー歓迎!! Twitterではたまにつぶやきと、記事更新時一番早く情報を受け取ることが可能です。 北海道好きな人つながりませんか?道民・内地民問わずおいでませー。
オススメ北海道旅行
道民ユウトオススメの客室露天風呂
思い出に残る客室露天風呂に泊まってみませんか?
僕がオススメしている温泉、客室露天風呂で一番衝撃を受けた温泉地がニセコにあります。 平日に泊まると宿泊料金が割安になって、なおかつ空いているのでオススメ。 一度泊まればもう他では満足できなくなるかも?
北海道民、ユウトをフォローする
道民ユウト@北海道の客室露天風呂マイスターが車で行く、北海道の楽しい旅&グルメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました